【ヒッピーでピース】LAベニスビーチでゆったり過ごす方法と基本情報

どうもビーチハンターteriyakiです。

アメリカのロサンゼルスにあるベニスビーチは、まさにラブアンドピースなビーチ。今回はそんなベニスビーチでのんびりメロウに過ごす方法をご紹介します。

スポンサードリンク



ベニスビーチって?

2018 01 13 16 43 33

ベニスビーチは、アメリカのLAを代表するビーチの1つ。ビーチ沿いにが露店が並び、多くのバスカーやヒッピーの姿も。かつては治安の悪化も危ぶまれた地区ですが、現在は昼に歩いても危ない雰囲気を感じることはなく、多くの観光客が訪れる場所となっています。

ビーチ沿にあるヤシの木、スケートボーダーや自転車、ストリートスポーツに興じる人からサーファーまで、THEカリフォルニアの雰囲気をもつベニスビーチは、LAに来たらぜひ訪れてほしい場所の1つです。

ベニスビーチでメロウに過ごす方法は?

2018 01 13 16 58 42

そんな魅力たっぷりのベニスビーチでメロウに過ごすためのおすすめプランをご紹介します。

まずはベニスビーチのカルチャーを感じよう

2018 01 13 16 36 58

到着してまずやりたいことはベニスビーチを代表するカルチャーの見学から。

特に訪れたいのが、「マッスルビーチ」と呼ばれるボディービルダーの聖地。「マッスルビーチ」にはビーチ沿いに筋トレ器具がずらり。多くの筋肉マンたちがここで海に似合う身体を目指して日々トレーニングを積んでいます。

そんな筋トレ風景を眺める観光客もたくさん。筋トレは見られるために行うもの。観光客が多くいる方が筋トレに熱が入るってなもんです。

ちなみにベニスは「ターミネーター」でお馴染みのアーノルドシュワルツネッガーが、通ったとされるゴールドジム発祥の地でもあるんです。まずは、マッスルビーチ周辺で筋肉マンたちのトレーニングを見学してみると面白いですよ。

マッスルビーチ以外にも上級者スケートボーダーが技を磨くスケートボードのコートがあったり、バスケットコートではアメリカのハイレベルなプレーヤーたちが3on3をしていたり。とにかくどこに行ってもハイレベルなアメリカ文化を感じられます。

ビーチの打楽器集団はヒッピー感満載

IMG 1197

ベニスビーチでメロウに過ごすために、次におすすめしたいのがビーチに集まる打楽器楽団。夕方にベニスビーチの浜辺を歩くと、どこからか陽気な打楽器の音が。音のする方向へ歩いてみると、打楽器を持ったバスカーたちが集まっている楽団が。

詳細はわかりませんが、どうやら打楽器が好きなバスカー達がなんとなく集まって、思い思いの演奏で1つの音を作り上げているような雰囲気です。

周囲を囲む観光客もリズムに合わせて体を揺らします。輪の中に入って踊る人。周りでゆったり身体を揺らす人。笑顔でそんな光景を見守る人。それぞれバラバラな人たちが、1つになりながら共有する空気感はまさにピースでヒッピー。怪しげな匂いも漂いますが、決して危険な雰囲気はありません。

彼らが毎日いるのかはわかりませんが、僕がベニスビーチを訪れた際には2度とも同じ場所に集結しておりました。ぜひ、夕方のベニスビーチで、耳をすませて打楽器楽団探してみてくださいね。

最後は夕日でしめる

2018 01 13 16 56 53

ベニスビーチの最後は夕日でしめくくりましょう。ピースでヒッピーな風を感じながらみる夕日は、最高です。もっと自由に生きていいのかも、もう少し好きに生きてみようと思わせてくれる光景がそこにはあります。そんな夕日で締めくくり、ベニスビーチを後にした日は穏やかでゆったりとした、まさにメロウな気持ちになること間違いなし。

ベニスビーチ 基本情報

2018 01 13 16 24 51

行き方

ベニスビーチへは基本的には車でのアクセスが便利。

駐車場はベニスビーチの周辺にたくさんありますが、相場は15~20ドル程度。探せばもう少し安い場所もありますが、混んでいたり、なかなか停められなかったりといったストレスを感じるくらいなら、この相場の駐車場に停めてしまう方が良いでしょう。ベニスビーチ自体は無料でのんびり楽しめるので、駐車場代にそれだけ払っても間違いなく満足できます。さっさと車を停めて、ビーチへ向かいましょう。

施設やレストラン

ビーチロードには、数多くの露店が並びます。お土産物屋が多く、カフェやバーもいくつか立ち並びます。若者向けの店が多いので、もう少しゆったりしたい方はビーチから徒歩10分ほどの「アボットキニーブルーバード」と呼ばれるストリートを目指しましょう。

こちらの通りは最近日本でもLAのおしゃれなストリートとして注目を集めており、素敵なショップはもちろん居心地の良いカフェやレストランが軒をつらねます。

まとめ

IMG 1172

今回は、ベニスビーチでのんびり過ごすための情報をいくつかまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

LAらしさ、ピースでヒッピーな雰囲気を感じるにはこのベニスビーチが一番です。訪れて浜辺を歩くだけでも自由な気持ちになれてしまう。LAにいったらベニスビーチはマストスポットですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です