遺跡見ながら海でのんびりしたい人はトゥルム遺跡へ行くべし

どうもビーチハンターteriyakiです。

先日、グランセノーテと合わせてメキシコのトゥルム遺跡に行ってまいりました。実はこのトゥルム遺跡、ビーチと遺跡が両方味わえる贅沢なビーチなのです。

グランセノーテに行った記事はこちら

スポンサードリンク

トゥルム遺跡の魅力

トゥルムについて

2018 01 26 11 32 43

トゥルム遺跡は、マヤ文明時代に栄えた城壁都市の遺跡です。メキシコの誇るリゾートカンクンから約2時間です。

詳しく知りたい方はwikipediaをどうぞ

魅力1 海がすごい近い

2018 01 26 11 40 44

2018 01 26 11 51 13

トゥルム遺跡の僕の中での1番の魅力は、「海が近いこと」。というか、遺跡見ながら海水浴ができます。こんなところって世界中探して他にあるのかな?

そして、その海もまた絶景。ここに都市が栄えるわけです。海辺で暮らすを実践していたかつてのトゥルム遺跡の人たち、尊敬します。

魅力2 遺跡自体もすごい!! らしい。。

2018 01 26 11 37 05

海に夢中になりすぎて、遺跡観光をほったらかしにしてしまいました。ごめんなさい。でも、遺跡自体にももちろん価値があって、遺跡フェチの人は楽しめるはず!!!なんて適当な情報なんでしょうか。

魅力3 いろんな動物がいた

2018 01 26 11 36 28

トゥルムには、イグアナとか、何者かわからないレッサーパンダ的な何かとかがいました。動物いっぱいで楽しいです。聞いた話、イグアナは擬態しているつもりで、見つかっていないつもりらしいです。なんて愛すべき存在なのだ。そういうやつ素敵すぎる。

個人的な感想

かつてここに都市があった理由が本当にわかる。「海辺でのんびり暮らす」にまさにぴったりの場所。当時の人々がのんびり暮らしていたかはわかりませんが…。海好きの人はたぶん海が好きだからここのビーチが見たくて行く→遺跡も少しみるという構図になるでしょう。もちろん海目当てで行くのにも最高のビーチなので、ぜひ。

僕が行った時は風が強くて、少し寒くて泳ぎはしなかったですが、遺跡と一緒に海を眺めているだけでも充分価値がありました。

基本情報

カンクンからトゥルム遺跡への僕の行き方

トゥルム遺跡の場所はこちら

僕らはグランセノーテに行ってからトゥルムに立ち寄ったので、朝5時半のADOのバスでカンクンを出てトゥルムの街へ。その後、グランセノーテからトゥルムの街へ一度戻って街からタクシーでトゥルム遺跡へ。タクシーで80〜100ペソくらいが相場です。

入場料

遺跡への入場料は、1人70ペソ(約420円)でした。

まとめ

海辺で遺跡を見ながらのんびりしたいできるのがトゥルム遺跡。ビーチから遺跡を見上げるもよし、遺跡からカリブ海を見渡すもよし、とにかくいろんな楽しみ方ができるので時間をとって訪れてみてくださーい。

以上 プラヤデルカルメンの海辺にて

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です