ニューハーフ大国タイでニューハーフショーを見たら美人だらけだった

どうもワクワク追求夫婦(@teriyaki44)のてりやきです。

 

今回は、プーケットの夜の街の一大イベント。おかまショーのお話!!日本でもいまや当たり前の「おねえ」ですが、タイでは更にたくさんの「おねぇ」がいます。

店の店員が「おねぇ」だったり。観光地の土産物屋を切り盛りしているのがおねぇだったり。そんな彼女たちの憧れの的(?)サイモンキャバレーのワクワクしかしないショーのお話です。

 

スポンサードリンク

サイモンキャバレーとは??

プーケットで毎晩行われるニューハーフショー!!華麗な衣装に身を包んだニューハーフたちが歌って踊っての約1時間半。キャバレー風の劇場で時間を忘れさせ、性別まで忘れさせてくれるような最高の時間を過ごすことができる。プーケットの一大エンターテイメント!!

 

チケットの手配はどこでする?

相場は¥2600〜3000前後。チケットは個人で購入するよりも「トリップアドバイザー」や「ベルトラ」などの旅行社を使って申し込んだほうが無難で安く変えるかもしれません。もちろん現地ツアー会社やホテルのツアーデスクなどでも買えちゃいます。

まぁ実際に行ってその場で券を購入してみるってのも楽しいかもしれないけどあくまでショーがメイン!!ここは無難にあらかじめ券を手配しておいたほうがいいでしょうね。

 

ニューハーフショーに行って感じたこと

ニューハーフさんたちが綺麗すぎる

日本のおねぇの中にも相当レベルの高い方はたくさんいますが、ここサイモンキャバレーのアクター達はやはり選ばれた人たちだけあって本当に綺麗。

顔もさることながら、そのスタイル。あれは完全に努力のたまもの!!胸は…きっといろいろ入っているんだろうけど、とにかく足が綺麗!!顔も本当に可愛くて、女性が見てもいろんな意味で刺激になるんじゃないかなというレベルです。特にたぶんトップスターであろう三人は最高にキュート!!普通に街歩いていたら絶対二度見しちゃうレベルでした。

 

小さな市川○五郎

ニューハーフショーには、男性役(?)もいるんですが、その男性役のトップの一人が日本の有名な歌舞伎俳優の市川○五郎にそっくり。またこの人の笑顔が最高に素敵で、身長は低めなので、見ているときはずっと「小さい市川染○郎が歌っている!!」というときめきに似た何かを感じてしまう始末。彼の笑顔を絶やさない迫力あるダンスも見物です。

 

なんせショーのクオリティーが高い

踊りや衣装などショーのクオリティーがとても高くて、別にニューハーフショーじゃなくても十分楽しめるレベルでした。各国の伝統的な踊りや歌などをモチーフにしたものが多くて、ショーを楽しむというだけでも見応え十分。本当にあっという間の一時間半です。

 

ニューハーフの人たちがお見送りしてくれた

僕的には、一番ワクワクしたのはショーが終わった後。最高に華やかな気持ちで出口を出ると先ほどまで華麗に踊っていたニューハーフたちがお見送り。

この時一緒に記念写真を撮ることができるんですが、写真を撮るとニューハーフたちは最高に見た目とのギャップのある低い地声でチップを要求してきます。一回100バーツが相場なんですが、二人ととると絶対に200バーツとられます。払うまでしつこく何度も請求されるのです!

でも、このショーとのギャップや、見た目とのギャップがありまくりな声もまたなんか良しです。最後に現実に一気に引き戻されてそれが心地良い!!

※ちなみに全体写真はお金はかからないので、記念写真はいいって人もそれだけは是非!!

 

まとめ

プーケットの一大エンターテイメントのこのショーは、いろんな意味で本当に行く価値あり!!タイの性について知る。本気で頑張っているニューハーフたちを応援する。単純にショーにワクワクする。いろんな楽しみ方があるけど、なんだかんだと考えずにとにかく一回行ってみてください!!最高の夜が待ってます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です