【世界一周経験者厳選】S字フックは旅の便利グッズ!!

どうもteriyakiです。前回こんな「旅の便利グッズ」の記事を書いたら、「役に立った」「新たな発見だった」「知ってるわ」と、思いの外好評だったので、今回はジップロックに続く旅の便利グッズについて書いてみようと思います。

旅の持ち物に迷われているあなたや、旅の持ち物を厳選したいあなたのために書きました。最後まで読んででいただけると嬉しいです。

以前の旅の便利グッズの記事はこちらです。

 

旅の持ち物を厳選した記事はこちらです。

 

スポンサードリンク

この記事から知れること

・新たな旅の便利グッズを知れる

・S字フックの旅先での便利な使い方を知れる

・世界一周者がおすすめするS字フックを知れる

それでは、いきまーす!

 

旅にはS字フックがあると便利

IMG 3717

今回、旅の便利グッズとしておすすめするのは、S字フックです。どこかにひっかけて、カバンやハンガー、タオルをかけられる便利グッズですが、そもそも旅でどんな使い方ができるのか。いくつか具体的にご紹介していきますね。

 

S字フックの旅先での便利な使い方

トイレでカバンをかける

1つ目は、トイレでカバンをかけられること。海外に行くと、日本のトイレのようにドアや壁にカバンを引っ掛ける出っ張りが付いている親切なトレイばかりではありません。しかも、床も控えめに言って汚いところが多いです。というか、日本のトイレが綺麗すぎるのかもしれません。

そんな時にS時フックがあれば、カバンを床におかず、頭の上で腕をプルプルさせながら支えておく必要もなく、カバンをかける場所を作り出すことができるわけです。

 

共用のお風呂で、タオルやシャンプーもかけられる

安宿を利用する際に、よくある「共用バスルーム」。タオルをかける場所がなかったり、シャンプーを置いておく場所がなかったりすることもしばしば。部屋についている風呂なら、部屋に置きっ放しにしておいて裸で取りに行くこともできますが、共用なのでそういうわけにもいきません。

そんな時もS字フックがあれば、バスタオルをかけておくことができます。また、取っ手付きの袋などにいれておけば、シャンプーなどの入浴道具もひっかけて使えます。

 

部屋で、バスタオルや服をかける カバンをかけてスペースを節約

宿によっては、部屋の中も、使った後のバスタオルをかけておく場所がなかったり、コートなどをかけておく場所がなかったりと不便なことも。そんな時でもS字フックがあれば便利ですよね。

また、部屋が狭い時は、バックパックや手持ちのカバンをS字フックにかけておけば、床のスペースの節約にもなって便利です。

 

僕も、世界一周中にトイレと部屋で有効活用しておりました!

実際に、僕も世界一周の前に、妻が知り合いからS字フックをもらったことがきっかけで、S字フックの便利さを知り、羨ましがっていたところ、妻が誕生日プレゼントに自分がもらった物と同じS字フックを買ってくれて、旅に持参しました。

やっぱり外国のトイレは掃除が行き届いていないところも多いので、僕はいつもサブバッグとして利用していたパタゴニアのリュックをS字フックにかけて、安心してトイレを利用しておりました。

トイレの時間、どれだけリラックスできるかは、旅中のストレスコントロールに関わる大きな要素です。何度か、部屋にS字フックを忘れて、パソコンや本の入った重たいサブバックを頭の上にかかげながらトイレをしたこともありましたが、そんな日はやはり夫婦喧嘩の回数が増えます、気をつけましょう。

また、部屋ではよくドアの上や、テーブルなどに引っ掛けて「バスタオル掛け」として利用していました。何泊かする場合、安宿ではバスタオルをかえてくれないことも多いので、いかに部屋でバスタオルを気持ちよく乾かせるかがポイントになります。そんな時S字フックはとても便利でした。

 

持ち運びも便利で、デザインも可愛いおすすめのS字フックはこちら!!

IMG 3716

ちなみに、妻が職場の同僚からいただき、僕が羨ましがり、誕生日プレゼントに買ってもらった便利なS字フックがこちら!!

 

普段は、形が変わってリング状になるので、カバンの持ち手などにもつけておけるし、片側がゴムで滑りにくくなっているので、重いものでなければ、引っ掛けるところがなくても使えて、とても便利。

デザインも可愛いですよね。世界一周中に、ジップロックの次に重宝したといっても過言ではありません。

 

まとめ

今回は、旅の便利グッズとしてS字フックと、その旅先での使い方をご紹介しましたがいかがだったでしょうか。ぜひ、次の旅にはS字フックを持参して少しでも便利に旅をしてくださいね。

今回の旅ハックがあなたの旅を少しでもお便利にできれば嬉しいです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です