Evernoteを活用して旅のしおりを作りながら旅の準備をする方法 

どうもteriyakiです。皆さんは、旅に出る前の準備や計画ってどんな風に行いますか?ガイドブックに付箋を貼ったり、メモ帳に書き込んだり。旅の計画ってそれだけでワクワクしますよね。でも、実際旅に出ると、ガイドブックがかさばったり、結局メモを忘れてきたりといった経験がある方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな方に向けてEvernoteを使って旅のしおりを作って、旅の計画をたてる方法をお伝えします。旅先での計画の参照がぐっと楽になり、旅の計画がもっとスマートになる方法です。ぜひ、最後まで読んでみてくださいね。

 

スポンサードリンク

この記事を読めばわかること

・Evernoteを使って旅の計画をたてるメリット

・Evernoteを使ってどんな旅のしおりを作るかの具体例

・Evernoteを使って旅のしおりを作る方法

詳しいことは記事の中でどうぞ!

ちなみに、方法だけ教えてくれとか、どんなしおりが必要かだけ教えてくれという方は目次から、それらの項目にジャンプすることができます。

 

Evernoteを使って旅の計画をたてるメリット

まずは、メリットから説明していきます。ちなみに、Evernoteってそもそも何?という方は、こちらの記事で簡単に説明しています。

 

旅先でスマホ1台でいろんなメモを参照できる

Evernoteはスマホにアプリをいれておけば、そこに入っているすべてのメモを簡単に参照できるので、旅先ではスマホ1台持ち歩けば、あらかじめしおりに入れておいた情報がすべて参照できます。

アプリはこちらから↓

Evernote
仕事効率化, ユーティリティ無料iOSユニバーサル

 

大きなガイドブックを持ち歩く必要もなし、かさばる地図も、メモ帳やペンもいりません。いつも持ち歩くスマホをポケットにいれておくだけで、旅に関するすべての情報が持ち歩けるのです。

 

パソコンで編集、スマホで参照できる

スマホで参照するからといって、スマホで旅のしおりを作らなければいけないわけではありません。Evernoteはクラウド上にデータを保存しておいて、スマホやパソコンからそこにアクセスするという形をとっているため、パソコンで編集したページをスマホから見たり、編集したりすることも可能です。(もちろん逆も)

つまり、旅の計画をたてるときは、パソコンでサクサクいろんな情報を打ち込んだり、取り込む。実際に旅先で使うときはスマホで閲覧する。という便利な使い方ができるわけです。

 

他人と旅のしおりや計画を簡単に共有できる

また、Evernoteは設定しておけば、他人とノートブックを共有することが可能です。そのため、一緒に旅する仲間に自分の作った旅のしおりをアイディアとして共有することができるわけです。

ノートブックの共有の方法

Evernoteでのノートブックの共有の方法はとても簡単です。(パソコンでの操作方法を説明します)

ノートブックの作成

新規ノートブックの作成

個別に共有サンプル

個別に共有にチェック

共有したい人のユーザー名を入力

作成をクリック

 

旅先で参照したいホームページや地図のURLも貼り付けておける

これは、ガイドブックや紙のメモ帳ではできないことです。最近は、旅先の情報をガイドブックだけでなく、インターネット上のブログやホームページなどからひろってくる方も多いはず。そんな時に、EvernoteではノートブックにURLを貼り付けておいて、旅先でそのURLをクリックすることで、すぐにそのページに飛ぶことが可能です

つまり、いちいちブログの内容をメモにまとめなくても、その場ですぐ参照ができるわけです。また、googlemapのURLを貼り付けておけば、地図もすぐに参照できます。

 

Evernoteを使ってどんな旅のしおりを作るかの具体例

次に旅に出る前に実際に作りたい旅のしおりの項目例を紹介していきたいと思います。ここにある項目は、作っておくと便利なものばかりです

 

まずは国や行き先の名前をつけた大きなノートブックを作る

スクリーンショット 2018 06 19 11 13 09

まずは旅の行き先の国や、街の名前をつけて大きなノートブックを作りましょう

 

やりたいことリストを作る

スクリーンショット 2018 06 19 11 17 50

まず作りたいのが「旅先でやりたいことリスト」です。ブログの情報やガイドブックなどを見て、旅先でやりたいことをどんどん追加していきましょう。

スクリーンショット 2018 06 19 11 17 50

ちなみに、Evernoteなら「チェックボックス」や「箇条書き」なんかも、ボタンをクリックすれば、簡単に作成することができます。

スクリーンショット 2018 06 19 11 19 39

この時に、参照したブログなどのURLを貼り付けておくと便利です。

ちなみに、この時にやりたいことリストとは別に「行きたいレストラン」「観光スポット」などのノートを合わせて作っておくのもオススメです。

 

行程表を作る

スクリーンショット 2018 06 19 11 38 00

次に、行程表を作ります。旅のタイプや自分の性格に合わせて、細かくスケジュールを決めるもよし。この日はこんなことやるというリストでもよし。

地図のURLなどを貼っておくと便利です。

スクリーンショット 2018 06 19 11 42 44

僕は観光の旅先で時間に縛られるのはあんまり好きではないので、その日にやりたいことリストだけをザクッと作ることが多いです。

 

持ち物リストを作る

スクリーンショット 2018 06 19 11 57 59

持ち物リストも作っておきましょう。チェックボックス方式で作っておけば、パッキングする時にスマホで実際にチェックしながら入れられて便利です。

さらにこの持ち物リストは1度作っておけば、コピーして違う旅行にも使いまわすことができるので便利です。

その他にも、「行きたいビーチリスト」など自分のやりたいことや旅に関する情報をリスト化しておいて、地図やURLを貼り付けて便利に使うのが良いですね。

 

まとめ記事などは、そのままwebクリップしてしまう

実はEvernoteのインターネットの参照は、URLを貼り付けるだけでなく「webクリップ」という技を使う方法もあるんです。

webクリップすると、ブログなどの記事がURLにとばなくてもそのまま参照できるので、行きたい観光地の情報がまとめてある「まとめ記事」や何度も参照するブログ記事などはwebクリップしてしまうのが便利です。

webクリップの方法はこちらの公式ページを参照してください

 

Evernoteを使って旅のしおりを作る方法

上記のような旅のしおりを作る方法を簡単にご紹介します。evernoteの操作に慣れていない方は、下記の説明を見ながら旅のリストを作ってみてください。(旅のしおりはパソコンで作る方が効率が良いのでパソコンでの操作を説明します)

ある程度evernoteを使ったことのある方は、上記の旅のしおりの具体例を参考にご自身の慣れたやり方で作る方が早く作れると思います。

 

ノートブックを作る

まずは大きなまとまりとしての「ノートブック」を作る方法です。

ノートブックの作成

①ノートブックを選択し、左上の「新規ノートブックの作成」をクリック

スクリーンショット 2018 06 19 10 34 01

ノートブックの作成というページが開くので

①名前を入力(行き先や都市名、旅のツアー名など)

②非公開か共有を選びます

※詳しいことは上記の「共有の方法」を参照してください。

③作成ボタンをクリック

※①、②のステップが終わるまで選択できません。

スクリーンショット 2018 06 19 11 13 09

無事にノートブックが出来上がりました

 

ノートブック内にノートを作成する

スクリーンショット 2018 06 19 11 42 44

次は、ノートブック内に実際に旅のしおりを作っていきます。

スクリーンショット 2018 06 19 12 25 11

旅のしおりを作りたいノートブックを選択

スクリーンショット 2018 06 19 12 34 01

新規ノートをクリック

スクリーンショット 2018 06 19 12 36 11

あとはタイトルと内容を入力するだけ

この形で、必要なノートを追加していけば「旅のしおり」が完成します。

 

まとめ 旅の計画はEvernoteで

今回は、Evernoteを使って旅のしおりを作り、旅の計画を立てる方法を説明してみました。これさえ作っておけば旅先でガイドブックやメモがなくてもスマホ1台で有意義に旅をすることができます。ぜひ、皆さんもEvernoteを上手に使って、楽しく旅のしおりを作成してみてくださいね。

ちなみに、旅に出てから日記やメモにEvernoteを使う方法はこちらの記事で解説しています。

Evernoteについてもっと詳しく勉強したい方にはこちらの本がおすすめ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です