【全部持っていこう!】海外旅におすすめのクレジットカード4枚 

補償の字大丈夫?

どうも、てりやき(@wellbeingposi)です。今回は、旅におすすめのクレジットカードについての話です。

 

「旅する際に、クレジットカードって必要なの?」

「旅フリーランスしたいけど、お得なクレジットカードってどれがいい?」

 

というあなたに読んでいただきたい記事となっています。よろしくお願いいたします。

 

スポンサードリンク

まずは結論「旅に必要なクレジットカードはこの4枚」

旅フリーランスにはこの4枚のクレジットカード

エポスカード…海外旅行保険が充実!

楽天プレミアムカード…プライオリティパスが手に入る!

三井住友クラシックカード…海外旅行保険期間の延長が可能!

セディナカード(OMC)…海外でのキャッシングが簡単で一番お得!

 

です。

これ全部持っていってください。

それでは、なぜこれら4枚のカードが必要なのかを解説していきますね。

 

旅にクレジットカードが必要な理由3つ

Ec cash 1750490 1920

大金を持って旅することほど、危ないことはない

大金を持ってウロウロしてはいけません。それだけで、「落としたり」、「すりにあったり」、何かトラブルに巻き込まれる可能性がぐんと上がります

また、もしなくなったとき、現金ならどうすることもできませんが、クレジットカードなら止めたり、不正利用の額がきちっと返金されることもあります。

 

現地のATMでキヤッシングができる

要件を満たしたクレジットカードがあれば、海外のATMで現地通貨をキャッシングすることが可能です。

 

日本では、あまりクレジットカードを使ってキャッシングをすることはないかもしれませんが、海外ではこのキャッシングを上手に利用すれば、両替所で両替するよりも、レート的にお得なことがあります。

 

海外の旅先で、現金を手にいれるという意味でも、クレジットカードは必須です。

 

海外旅行保険が0円でついてくるクレジットカードがある

クレジットカードの中には、海外旅行保険が付帯しているものがあります。つまり、クレジットカードを持って行くだけで海外旅行保険にわざわざ入らなくても、いざという時の補償が受けられるということなんです。(カードの種類によって条件が違ってきます)

 

こんなに、嬉しいことがあるでしょうか?しかも、中には年会費無料なのに、海外旅行保険が付帯してくるものまであるんです。

保険の期間は、この後紹介するクレジットカードを上手に組み合わせれば最大6ヶ月。6ヶ月以上旅に出る人は、間違いなくどこかがクレイジーですので、多くの方は、クレジットカードさえあれば、海外旅行の保険料をおさえて、いざという時には、保険が受けられるというとてもお得な状態になるわけです。

 

海外でのクレジットカード おさえておきたいポイントは?

とにかくVISAかMasterを作ろう!

海外では、カードの銘柄によって使える国や使えない国が出てきます。そんな中、どこの国でもほとんど使えるのがVISAとMasterです。なので、VISAとMasterは最低でも1枚ずつは持っていくことをおすすめします。

 

クレジットカードは最低でも2枚以上は必要!

日本にいるときは、クレジットカードは1枚しか持ち歩かないという方もいるかもしれませんが、海外では少なくともクレジットカードは2枚以上持ち歩くようにしてください。

 

その理由は、

①紛失や盗難などのトラブルがあった時に予備のクレジットカードがなくて、身動きが取れなくなることを避けるため

②限度額というものがあるから

③クレジットカードの海外旅行保険は合算ができるから

の3つです。順番に簡単に説明しておきます。

 

紛失や盗難のトラブルを避けよう

旅中にクレジットカードを紛失したり、盗難にあうということはそんなに珍しいことではありません。海外では当然、クレジットカードの再発行もすぐにはできず、タンスからへそくりを出してきて、その期間をしのぐことも不可能です。

そのため、最悪の場合、クレジットカードがないことで、身動きが取れなくなってしまうなんてことも十分に考えられます。(正確にいうと、身動きは取れるけど、世界が灰色に見えて、もうにっちもさっちもいかない状態になるということ)

 

モアイ
いやいや、俺注意深いから大丈夫

と思ったそこのあなた。

 

海外では、ATMによるスキミングもよく行われています。またATMにカードが吸い込まれて出てこなくなったりすることもざら。それ、全部見抜けますか?もしくは、いきなり路上でナイフを突きつけられて、財布を脅し取られないだけのラオウばりの強さと、「退かぬ、媚びぬ、省みぬ」のポリシーの持ち主ですか?

 

あ、ラオウをご存じない方はこちらから「北斗の拳」を購入できます。

 

要するに、どれだけ注意していてもクレジットカードを紛失したり、使えなくなることはあり得るということです。

 

ちなみに、盗難のリスクを分散させるために、1枚は靴の底、パンツの中、1枚は財布と分けて持ち歩くのがおすすめです。

 

てりやき
僕も世界一周中に、妻がメインで使用していたクレジットカードがスキミングされるという被害にあいました。しかもアルゼンチンの空港内のATMで!

 

ですから、クレジットカードはいろんなリスクを避けるためにも最低でも2枚以上は必要です。というか、ここで紹介している4枚はいろんな意味で必須ですので、4枚持って行ってください。

 

カードの利用限度額にも注意が必要!

クレジットカードには、利用限度額というものが存在する場合がほとんどです。日本では、限度額を超えないという方も、海外で、突然クレジットカードが支払いの主流になると、上限に達するなんてことはよくある話。

 

また、飛行機やホテルなど、普段の生活よりも出費が重なることも多いため、旅先で、上限額まで達したということはよく聞く話。(らしいです。。僕は聞いたことはありません。ごめんなさい。。)

 

そんな時も、2枚以上クレジットカードがあれば安心です。というか、4枚あればもうすごく安心です。

 

付帯の海外旅行保険額の合算ができる!

実は、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードって、保険料の合算ができるってご存じですか?

 

例えば、疾病治療費用の補償額が200万のクレジットカードを1枚だけ持っていた場合は、海外で病気になって入院した場合など、最大で200万までしか補償されませんが、そこに1枚、疾病治療費用の補償額が100万のクレジットカードを持っているだけで、合計で300万まで補償してもらえるということです。

 

おすすめのクレジットカード

さて、いろいろ書きましたがここからは具体的におすすめのクレジットカードと、そのメリット・デメリットをご紹介していきます。

①エポスカード

スクリーンショット 2018 10 04 16 50 13

まずは、エポスカード。これはもう旅するなら、まずは手に入れたい1枚です。

エポスカードのメリット

・年会費無料

・海外旅行保険の補償が充実

・即日発行が可能

 

 

まずは、年会費が無料なこと。旅にお金がかかるのに、クレジットカードにまで年会費とかお金取られたくない!!って方でも安心ですね。

そして、海外旅行保険の補償額が、他のクレジットカードに比べて充実していることも、おすすめする理由の1つです。具体的には、以下の表のような補償額になっています。

 

【エポスカードの海外旅行保険補償額】

保険の種類 補償額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 270万円
賠償責任(免責なし) 2000万円
救援者費用 100万円
携行品損害(免責3,000円)  20万円

 

また、保証期間も90日と長めなので、3ヶ月以内の旅なら、このカードがあれば海外旅行保険が必要ないというわけです!

 

なんでエポスカードってこんなに優しいんだろう。北斗の拳のトキくらい優しいですね。

あ、トキの優しさに触れてみたいという方は、こちらから「北斗の拳」を購入していただけます。

 

そして、なんとこのエポスカード「即日発行」ができちゃうんです。気まぐれなあの子の「明日から一緒にイースター島行かない?どうしてもモアイ見たくなっちゃった」にも対応可です。

 

エポスカードのデメリット

・選択できるブランドはVISAのみ

・ポイントの還元率が低め

 

 

海外に持っていくというポイントに絞れば、ほとんどデメリットになっていないくらいのデメリットですね。。VISAは海外では絶対に必要だし、他にクレジットカードを作って、保険のためのサブカード的な役割を担わせれば、ポイントの還元率が低めというデメリットも見事に解消されますので、とりあえず、旅に出るならエポスは作っておきましょう!!

 

②楽天プレミアムカード

スクリーンショット 2018 10 04 16 51 42

次におすすめするのは、楽天プレミアムカードです。

楽天プレミアムカードのメリット

・プライオリティパスが0円で手に入る

・海外旅行保険が自動付帯

・海外旅行保険の補償額が充実

・トラベルデスクも利用できちゃう

 

もう、何よりもこの「プライオリティパス」というものが快適でして、1年に何回か飛行機に乗る人は絶対に作っておいた方がいいです。

空港でラウンジが使えるって本当にいいです。アルコールが豊富なところも多いし、快適なWi-Fi使えるし、シャワーがあるラウンジなんかもあって、旅人には東京ディズニーランドより、あそこの方が「夢の国」だと思うのは、僕だけでしょうか?

 

プライオリティパスの詳しいことはこちらの記事にしたためておりますので、おヒマな時にどうぞ

 

あとは、もちろん海外旅行保険も付帯しているし、トラベルデスクなんかも使えちゃうらしいので、旅するならこのカードやっぱりいりますよね。

【楽天プレミアムカードの海外旅行保険補償額】

保険の種類 補償額
傷害死亡・後遺障害 最高5000万円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
賠償責任(免責なし) 3000万円
救援者費用 200万円
携行品損害(免責3,000円)  50万円

 

楽天プレミアムカードのデメリット
・年会費が10,800円かかる

 

さすがに、年会費はかかります。でも、プライオリティパスって普通に作ると、利用無制限の「プレミアムステージ」のものを作るのに、399ドルかかるんです。

それがこの10,800円の年会費だけで作れるんです。だから、実際には年会費払っても、旅人なら得できちゃうわけです。

 

空港って、物価高いですよね。そんな中、空港で食事をとるくらいなら、プライオリティパス使ってラウンジで食事や休憩した方が、トータル的に見れば絶対お得。年会費払ってでも楽天プレミアムカードは作る必要あります。

 

③三井住友クラシックカード

スクリーンショット 2018 10 04 16 53 00

こちらは、海外旅行保険の期間延長ができるクレジットカード。

三井住友クラシックカードのメリット

・初年度年会費が無料

・海外旅行保険が利用付帯なので、期間を調整できる

・知名度高め

 

 

このカードの特徴は、なんといってもその知名度と、うまく使って、他のカードと上手に組み合わせれば、海外旅行保険の期間を延長できることでしょう。その辺りの詳しいことは、デメリットのあとにまとめました。

 

三井住友クラシックカードのデメリット

・2年目から年会費¥1,350がかかる(マイ・ペイすリボで年1回以上カード利用すれば2年目以降も無料)

・補償内容は、エポスカードよりも弱い

 

 

まぁこれらのデメリットも、上手に利用さえすれば回避できますね。2年目以降の会費が無料になる方法もあることだし。つまり、ほとんどデメリットなくこれらのカードも作れてしまうということです。

 

どうやって海外旅行保険の期間を延長するの?

海外旅行保険の期間を延長って、そんな裏技どこにあるんだ?ってあなたへ。

この、三井住友クラシックカードは、海外旅行保険が「利用付帯」というところがポイントなんです。

 

利用付帯とは、一定の条件を満たした状況で、利用すれば、そこから海外旅行保険が受けられる仕組みなんです。その条件は以下の通り

①家から空港までの公共交通機関の料金を支払う

②海外旅行代金を支払う(航空券、ツアー代など)

③海外で、公共交通機関(電車やバスなど)の料金を支払う

 

これらのうち1つでも満たした段階で、海外旅行保険の適用が開始されるというわけです。

そこで、海外旅行保険の期間を延長したい場合、こちらのクレジットカードを旅に持っていっておいて、保険の適用を開始したいタイミングで、利用すればよいというわけです。

 

 

 

セディナカード(OMC)

スクリーンショット 2018 10 04 16 54 22

最後に、セディナカードの紹介です。こいつは、海外でのキャッシングの際に重宝するクレジットカード

 

メリット

・VISAやMasterの選択が可能

・海外のキャッシングの利息をネットを使って、簡単に安くおさえられる

 

他にも、メリットはあるでしょうが、とにかくおさえておきたいポイントは、これだけ。実はこのクレジットカードだと、海外でのキャッシングにかかる利息を一番簡単に、安くおさえることができるんです

 

セディナカードは、キャッシングの繰り上げ返済をネットですることが可能。しかも、最短で3~4日で可能になるのです。

 

多くのクレジットカードの場合、繰り上げ返済は電話での申請が必要だったり、その繰り上げ返済の手数料がかかったりするもの。それが、セディナだとかかりません。

 

また、他のカードでも、ネットでの繰り上げ返済ができるものは、いくつかあるにはありますが、月のカード締め日が来て、銀行引落し額が決まるまではできないものばかり。つまり、その期間にかかる利息は、どうしてもかかってしまうのです。

それがセディナなら、最短3~4日後には繰り上げ返済がネットでできるので、他のクレジットカードを使った場合と比べて、利息や手数料、電話代がお得になるんです。

 

そういう意味で、セディナカードを海外でのキャッシング用のカードとして持って行くのがお得というわけです。

※繰り上げ返済ができるのは、セディナカードの中でもOMC系だけですので、必ずOMC系のクレジットカードを持って行くようにしてください。

 

デメリット

・海外旅行傷害保険が付帯していない

 

これに関しても、キャッシング用のカードと考えて、他のクレジットカードをきちんと用意しておけば、何のデメリットにもなりません。

 

まとめ

今回は、旅におすすめのクレジットカードをご紹介しました。

簡単にポイントをまとめておくと

・クレジットカードは海外では必須

・複数枚持って行くのが正解

・VISAとMasterは必ず持って行こう

・海外旅行保険付帯のものを上手に選ぼう

その上で、おすすめクレジットカード4枚は

旅フリーランスにはこの4枚のクレジットカード

エポスカード…海外旅行保険が充実!

楽天プレミアムカード…プライオリティパスが手に入る!

三井住友クラシックカード…海外旅行保険期間の延長が可能!

セディナカード(OMC)…海外でのキャッシングが簡単で一番お得!

です。

 

この記事が、参考になれば嬉しいです。最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です