オーストラリアの観光ビザ(ETAS)の取得方法や事前に知っておきたいこと

スポンサーリンク

どうもteriyakiです。オーストラリアに旅に行こうと思った時、事前に観光ビザの取得が必要です。

今回は、そんなオーストラリアのビザについて「ビザってどうやって申請すれば?」「英語が苦手だから不安」というあなたのために、取得方法や注意点などについて簡潔にまとめておこうと思います。

実は、オーストラリアの観光ビザはネット上で!しかも日本語で!簡単に申請できるんです。

この記事で知れること

・オーストラリア観光に必要なビザの種類

・観光ビザ(ETAS)申請の前に知っておきたいこと(僕の失敗談)

・オーストラリアの観光ビザ(ETAS)の取得方法

・お得に観光ビザを申請する方法

もしよかったら最後まで読んでくださーい

オーストラリア観光に必要なビザとは?

オーストラリアには、「ワーキングホリデービザ」や「学生ビザ」などいくつかのビザの種類がありますが、観光に必要なのはETASと呼ばれる観光ビザです。

ETASとは、「ELECTRIC TRAVEL AUTHORITY SYSTEM」の略。いわゆる電子観光ビザであり、このビザがあればオーストラリアでの観光や親族への訪問などを目的とした、3ヶ月以内の滞在が認められています。

観光ビザ(ETAS)申請の前に知っておくと良いこと

ETASを登録代行会社や航空会社に取得してもらう方法もある

ETASを申請する方法は、このあとご紹介する自力での申請だけではありません。登録代行会社に頼んだり、航空会社にお願いするという方法もあります。

自分でやるのはどうしても不安だったり、申請している暇がないという方は、この方法を選ぶことも可能です。ただし、代行をお願いするわけですから、手数料がかかる場合もあることは頭にいれておきましょう。

僕の失敗談

ちなみに、僕はこれまで2回ETASを取得していますが、1回目の際に慌ててネット検索し、登録代行会社だと知らずに、フォームに入力していつの間にか代行申請をお願いしいて、余計なお金をとられたということがありました。

もちろんはじめから登録代行会社にお願いしようと思っている場合は、全く問題ありませんが、登録代行会社のページを本来の申請ページと間違えないように注意してください。

正式な登録ページは、こちらのオーストラリア政府移民局のホームページです。

個人でのETASの申請方法

スクリーンショット 2018 06 27 13 13 28

ETASの申請方法は、とても簡単です。まずはこちらのオーストラリア政府移民局のページへいきます。

英語で表示されている場合は、右上の日本語ボタンで切り替えが可能です。サンプル写真の右下「ETAの申請」をクリックします。

STEP1

スクリーンショット 2018 06 27 14 21 28

・必要な事項を選択し、利用規約のチェックボタンにチェックをいれます。

・最後に「次へ」をクリック。

STEP2

Screencapture eta immi gov au ETAS3 etas 2018 06 27 14 55 42

・必要な個人情報をパスポート通りに入力します

・旧姓の有無を選択します。(結婚している方などで旧姓がある方は「はい」を選択します。)

・犯罪歴の有無を選択します。

・パスポート情報を入力します。

・全て入力したら「次へ」をクリックします。

※必ずパスポートを見ながら作業をしましょう。

※基本はローマ字や英語での入力となります。(パスポート通りに入力しましょう)

※日付の部分は、右のカレンダーマークを押せば、カレンダーから選択もできます。

※発行官庁の部分は「Ministry of Foreign Affairs」と入力します。外務省という意味です。

STEP3

Screencapture eta immi gov au ETAS3 etas 2018 06 27 15 13 34

・住所を入力します。

・電話番号を入力します。

・メールアドレスを入力します。

・連絡方法を指定します。

・他国のパスポートの有無を選択します。

・全て入力、指定できたら「次へ」をクリックします。

※住所の入力はローマ字で行いましょう。

※電話番号の入力は「自宅」か「携帯」か「職場」のどれか1つで大丈夫です。

※日本の国番号は「81」です。その後の番号は初めの「0」をぬいて記入します。

※入力したアドレスに、後からメールが届きます。アドレスは必ず、すぐに自分で確認できるアドレスを指定してください。

STEP4

・内容の確認を行います。

・入力内容に誤りがなければ、下部のチェックボックスにチェックをいれます。

・「次へ」をクリックします。

※もし謝りを発見したら「戻る」をクリックし修正をしてください。

STEP5

・支払いのためのクレジットカード情報を入力します。

※金額は20AUD(約1,600円)です。

※支払いはクレジットカードのみ可能です。

以上で申請は終了です。

ほとんどの場合、12時間以内にETAが発給されるようです。僕が申請した際は、5分も経たないうちに発給され、登録時に申請したメールアドレスにもメールが届きました。

入国手続きの際は、提示不要

なお、入国時にETASの発給画面や、何か特別な資料を提示する必要はありません。僕が入国した際は、空港の機械でパスポートを読み込み、入国手続きをして終わりでした。

ただし、万が一のために発給番号などの必要な情報は、どこかに控えておくことをおすすめします。

※以上は2018年4月の段階での情報です。詳細は、オーストラリア政府移民局のホームページでご確認ください。

お得に発給できるかも?

ちなみに登録代行会社の中には、政府移民局でかかる20AUD(約1,600円)よりも安く登録代行をしてくれる業者もあるようです。

実際に、僕の知り合いもかなり安い料金で代行登録してもらっていました。お得に発給したい方は、ネットで検索し、安くやってくれる登録代行会社を探してみるのもいいかもしれません。

ただし、登録代行会社が定める条件があったりすることも考えられますので、条件などをよくご確認のうえ、ご自身の責任で登録代行をお願いしてください。

まとめ オーストラリアの観光ビザ(ETAS)はネットで簡単に申請できる

今回は、オーストラリアの観光ビザ(ETAS)を申請する方法をお伝えしました。ネットで簡単に申請できて、入国の際も、パスポートのみで入国できるので、手軽で嬉しいオーストラリアの観光ビザ(ETAS)。

ぜひ、この記事を参考に観光ビザ(ETAS)の準備をしてオーストラリア旅行を満喫してくださいね。

今回の旅ハックが、あなたの旅を少しでも便利にできれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です