旅するフリーランスにおすすめのポケットWi-Fiはこれで決まり!!

どうもteriyakiです。今回の記事は、日本に拠点を置きながら旅するフリーランスとして活動する方におすすめしたいポケットWi-Fiのお話。

日本に拠点があり、海外に旅をする機会が多いフリーランスの方で、「日本のノマドワークで使えるポケットWi-Fiを探しているんだけれど、どのポケットWi-Fiがいいかわからない!」という方は、ぜひこの記事を最後まで読んでくださいね。

 

スポンサードリンク



この記事で知れること

・日本を拠点とする、旅するフリーランスにおすすめのポケットWi-Fiが知れる

・旅するフリーランスが、「民泊レンタルWi-Fi」を利用するメリットが知れる

それでは、いきまーす。

 

旅するフリーランスのポケットWi-Fiは「民泊レンタルWi-Fiがおすすめ」

IMG 3723

結論から言います。旅するフリーランスが日本でポケットWi-Fiを使うなら、「民泊レンタルWi-Fi」がおすすめです。

民泊レンタルWi-Fiのホームページはこちら

なぜなら、この「民泊レンタルWi-Fi」は、旅するフリーランスを悩ませる「2年縛り」や「通信速度制限」がない!!というう優れものだからなんです。

 

「民泊レンタルWi-Fiとは?」

まずは、簡単に民泊レンタルWi-Fiの概要をおさえておきましょう。

民泊レンタルWi-Fiは元々、Airbnb(民泊)を運営する物件に設置する目的で作られたWi-Fiです。

海外では日本以上にWi-Fi環境が整っており、もちろんAirbnbで泊まりにくる海外からのお客さんは日本の宿にも良質なWi-Fi環境を求めます。そんな高い要求にも答えられる高水準な仕様のWi-Fiが、「民泊レンタルWi-Fi」というわけです。

「Airbnbを運営する物件への設置目的」と書きましたが、もちろんAirbnb用の物件を持っていない個人が申し込みして、普段のポケットWi-Fiとして利用することもできますよ。

 

旅するフリーランスが「民泊レンタルWi-Fi」を使うメリット4つ

Laptop 2055522 1280

なぜ旅するフリーランスに「民泊レンタルWi-Fi」をおすすめするのか、そのメリットを4つご紹介していきます。

 

①契約期間の縛りがない

「民泊レンタルWi-Fi」を使う1番のメリットがこれ。多くのポケットWi-Fiには、1度契約すると、2年間は契約を続けなければならず、途中で解約すると違約金をとられるという、いわゆる「2年縛り」と呼ばれる契約期間の縛りが存在します。

「2年縛り」があるポケットWi-Fiを使っている場合、海外を旅している間も月額使用料を支払わなければならず、長期の旅に出るからといって途中で契約を解除すると違約金がとられるということが起きてしまいます。

これに対して、「民泊レンタルWi-Fi」は月ごとの契約更新となっているため、海外にいて利用しない月は契約更新しなければ、月額使用料はもちろんかかりません。また、いつ解約しても、違約金なども必要なし。

これは頻繁に海外を旅するフリーランスの方や、日本を拠点にしながら長期で旅に出るフリーランスの方にとっては、かなりありがたい内容ですよね。

 

②ほとんどの場所で、高速通信が可能

次のメリットは、「民泊レンタルWi-Fi」の通信速度がとても速いこと。フリーランスの方は、いろんな場所でポケットWi-Fiを利用してノマドワークすると思うのですが、「民泊レンタルWi-Fi」を利用すれば、通信速度が遅くてイライラさせられるということがなくなるわけです。

SoftBank 4GとSoftBank 4G LTEが両方使える「Hybrid 4G LTE」に対応。最適なネットワークで通信できるので、より安定した高速通信が楽しめます。

引用元:民泊レンタルWi-Fi ホームページ

実際に、僕もカフェや図書館での利用はもちろんのこと、バスの中や、列車、街の人混みの中でも利用していますが、今まで1度も通信速度にイライラさせられたことはありません!また、鳥取県などの田舎での利用経験も何度かありますが、その際も速度や通信エリアの問題なく利用可能でした。

やっぱりノマドワークをするのに、通信速度はとても大切ですからね、通信速度が速いのはとてもありがたいことです。

 

③速度制限を気にせず使える

民泊レンタルWi-Fiは、他の多くのポケットWi-Fiにある、規定の容量を超えると通信速度が遅くなるといった「速度制限」が実質ありません。

実際は50~60GBで速度制限がかかることがあったりなかったり。つまり50GBを超えて速度制限がかかる場合もあれば、一切速度制限がかからないこともあるということ。

実はこれ、ヘビーユーザーをソフトバンク側が管理して通信制限を行っているのが理由で、かかるかどうかはソフトバンク側の判断なので、あったりなかったりということになるのです。

ただ、そもそも50GBを超えるのは、「パソコンで1日中ずっと動画を見ている」といった過度な使い方をした場合で、「ノマドワークとたまにSNSやyoutubeなど」といった一般的な使い方では、そこまでの容量を使うことは、ありませんので実質は、心配ないでしょう。

僕自身も、スマホは常時接続。1日に30分程度はyoutubeなども視聴していて、日中の大半はノマドワークでパソコンでも接続して、ネットサーフィンや、ブログの更新などに使っていますが、速度制限にかかったことは1度もありません。

しかも、もし速度制限がかかった場合でも、代替機の申請が有料で可能です。つまり、実際に普段の利用で、速度制限を気にする必要はないということ。これは、様々な場面でポケットWi-Fiを使うノマドワーカーにとってはかなり嬉しい内容ですよね。

 

④無償交換ありの安心サポートパック

「民泊レンタルWi-Fi」は月額使用料に「安心サポートパック」という保証の料金も組み込まれています。そのため、機器が故障したり、紛失した場合でも手厚い保証を受けることができるんです。

ホームページで説明されている、保証は以下の通り。

故障の場合
本体(電池パック、電池カバーまで含む)はレンタル期間中は無制限に修理・交換いたします。(※USIMカード除く。要送料500円、返却送料)

紛失の場合
保証適用にて端末弁償金を補填致します。(通常、レンタル時の端末・USIMカードセットにて返却されない場合30000円の弁償金が発生致します)
代替品送料500円、手数料1000円。※USIMカード除く
尚、6ヶ月以内毎に1回まで端末代金無料にて代替品をご提供(要代替品送料500円、手数料1000円) ※USIMカード除く
また、6ヵ月以内の二回目の紛失は新規契約扱いとなり、別途Wi­Fi契約事務手数料がかかります。USIMカードを紛失された場合は4,000円(税抜)がかかります。

※修理、再発行期間中でもレンタル料金は発生します。
※保証適用には警察への紛失届が必要となります。

引用元:民泊レンタルWi-Fi ホームページ

無償修理はもちろん、紛失の場合の無償交換(1回)まで!!いろんな場所にポケットWi-Fiを持ち歩く、旅するフリーランスだからこそ、この保証はかなり安心で嬉しいですよね。

 

気になる料金は?

そんなメリットだらけの「民泊レンタルWi-Fi」ですが、気になる月額料金は「4,500円」です

これ以外は、解約金や端末費用など何もかかりません。先ほどもご紹介したように、この中に「安心サポートパック」の値段も含まれていますので、保証も込みでこの値段です。

日本での一般利用であれば、固定回線なしでもこのポケットWi-Fiさえあれば困ることはなし。そう考えると、固定回線を利用せずに、日本にいる間はこの「民泊レンタルWi-Fi」で全てを済ませれば、かなりお得です。

 

まとめ

今回は、旅するフリーランスにおすすめの「民泊レンタルWi-Fi」をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

日本を拠点に、世界を旅するフリーランスには間違いなくこの「民泊レンタルWi-Fi」が1番おすすめです!!

民泊レンタルWi-Fiのホームページはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です