【世界三大魚市場】シドニーフィッシャーマンマーケットのおすすめ海鮮と行き方

スポンサーリンク

どうもteriyakiです。昨日、オーストラリアシドニーのフィッシャーマンズマーケットに行ってきました。何やら世界三大魚市らしく、それはそれはすごい盛り上がりでした。そんな中、とっても美味しいシーフードも見つけたのでご紹介します。

 

いきなりまとめると

シドニーのフィッシャーマンズマーケットは、

・普段外国ではなかなか見れない多種多様な魚が手に入る

・刺身、寿司はもちろん、外国ならではのフィッシュ&チップスなども楽しめる

・アクセスが便利

 

フィッシャーマンズマーケットとは?

シドニーのフィッシャーマンズマーケットは、シドニーのダーリングハーバー近くの魚市場です。何やら、世界三大魚市場らしく、築地、バルセロナと並んで世界的に有名な魚市場なのです。

 

実際にマーケットに行ってみると、そこには大量の魚が!!(当たり前か)。

 

普段なかなか外国では見られない魚があるマーケット

何より目を引くのは、多種多様な魚があること。海外の魚市場って日本と違って、売っている魚の種類が結構少なかったりするんですが、ここではいろんな魚が売られていました。

サーモンは定番です。マグロも結構あります。ちゃんとした鯛が売られている!イカ、タコ、背の青い魚まで!!なかなか背の青い魚は海外ではゲットできません。

 

そして、何より目を引くのは、やはりシーフード料理。市場内では、刺身はもちろん、寿司もたくさん売られています!!観光に来た人は、そんなに感動しないかもですが、海外生活が長いとリアルにヨダレもんです。

キャビアを上に載せたサーモンの握りや、炙りまで!!日本とはちょっと違う寿司もあるので、観光に来てももちろん楽しめます。

なんとカキがあるじゃないか!!

 

食べた。美味い!!ちょうど良い味!!日本のカキとも匹敵する美味さです。上の写真で24ドルくらい。これだ毛のボリュームにしては安いんじゃないでしょうか?

岩牡蠣もあったりして、これは確かに築地にも負けていないかも(?)

 

刺身やお寿司以外も!海外ならではのシーフード料理

そして、寿司や刺身だけでなく、海鮮のバーベキューや揚げ物、フィッシュアンドチップスも大量に売られています。このあたりは、海外の魚市場ならではで、より楽しい。

 

各店で購入して、実際に食べてみます。各店に座る場所が用意されていますが、お昼の時間帯はいっぱいだったので、外で食べることに。

 

鳥が多い。全ての鳥がハンターです。

 

もはや想像を絶する鳥もいる。怖い。

 

一番奥の店では、ビールや白ワインも手に入り、海を見ながら(鳥と戦いながら)シーフードとビールタイム。最高です。

 

アクセスは?

フィッシャーマンズマーケットの場所はこちら

シドニーのセントラルから出ているトラム(T1)を使って行くと簡単に行くことができます。ちなみに、「フィッシュマーケット」という駅がありますが、惑わされず強い意志でトラムに乗り続け、次の「Wentworth Park

」という駅で降りる方が近いです。

 

駅を出たら、海の方を目指すと、必然的にたどり着きます。参考になるのは、鳥の鳴き声と、魚の匂い。

 

感想 特に牡蠣は食べておくべし 日本とは違う雰囲気も楽しんで

ここの魚市場。味もさることながら、雰囲気がとても楽しいです。日本の魚市場の活気もそうですが、少し違った外国ならではの活気も味わえます。

そして、牡蠣は絶対におすすめ。トレーニ詰まった美味しそうな牡蠣と白ワインを買って、海を眺めながら食べる時間はおすすめです。(鳥とも戦う)

 

今日の記事がみなさんの海旅の参考になりますように。それでは、また。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です