2019年のトリップアドバイザービーチランキングをチェック!

どうも、てりやき(@wellbeingposi)です。今回の記事では、トリップアドバイザーで発表された2019年の世界ビーチランキングをチェックしてみたという記事です。

 

「世界の綺麗なビーチがとっても気になる」

 

というあなたに読んでいただければ幸いでございます。

2018年のビーチランキングに関する記事はこちら

 

2019年版世界のビーチランキングをチェック

毎年、トリップアドバイザーが発表する世界のビーチランキング。トリップアドバイザーに集まった評価や口コミから、そのランキングが決まるようです。

そんな気になるビーチランキングのベスト10はこちら

1位 サンチョ湾ビーチ(ブラジル)

2位 バラデロビーチ(キューバ)

3位 イーグルビーチ(アルバ オランダ領)

4位 ラ・コンチャ海岸(スペイン)

5位 グレース・ベイ(ターコスカイコス)

6位 クリアウォータービーチ(アメリカ)

7位 ラビットビーチ(ランペトゥーザ島 イタリア)

8位 セブンマイルビーチ(グランドケイマン)

9位 プラヤノルテ(イスラムヘーレス メキシコ)

10位 セブンマイルビーチ(ジャマイカ)

 

 

こうやってみると、やっぱり北米やカリブ海が強いですね。(トリップアドバイザーがアメリカ資本の影響が少なからずある?)

 

もちろんトリップアドバイザー独自のランキングなので、偏りはあると思いますが、それでもランキングされているビーチは、やっぱり世界で話題のビーチばかり。

 

実際に行ったことあるビーチを解説

2位のバラデロビーチ

2018 02 15 16 12 19

キューバのリゾート地として人気の場所がバラデロです。そんなバラデロにあるのがこのバラデロビーチ。バラデロの海は、青が濃くて本当に綺麗です。

 

また、バラデロは先ほども書いたように、リゾート地として人気で、多くのオールインクルーシブホテル(宿泊代に、レストランやアクティビティの利用の値段がすべて含まれているホテル)が立ち並んでいます

2018 02 15 16 04 52 1
てりやき
僕も実際に、バラデロのオールインクルーシブホテルで過ごしました。海がどえらく綺麗で、ビーチ沿いのバーでお酒を注文し、チェアに寝そべって過ごしたあの時間は、至極の時間でした。今でも忘れられません笑

 

ハバナから、バスで3時間程度で行けますので、ハバナだけでなくバラデロまで足を伸ばすのがおすすめですよ!

 

僕がライターとして、バラデロのオールインクルーシブを紹介したtripnoteの記事はこちら

 

6位のクリアウォータービーチ(アメリカ)

2018 01 09 13 28 18

クリアウォータービーチは、アメリカのフロリダにあります。

 

このビーチの特徴は、なんといっても砂の白さ!!真っ白な砂が海の青と調和して本当に綺麗で、フロリダ感を感じるには最高の場所でした。

2018 01 09 05 57 55

それからこのビーチ、とっても夕日が綺麗なんですよ。白い砂と青い海がオレンジ色に染め上げられる光景は、世界で見た夕日の中でもかなりの上位にはいる光景でした。

2018 01 09 13 42 08
てりやき
桟橋があって、釣りができたり、大道芸人がいて、海以外にも楽しむ要素があったりと、1日いても飽きないビーチです

 

フロリダの他のビーチでは、こちらの記事にまとめたシエスタキーもおすすめ。そんなに遠くないので、クリアウォータービーチと両方行けますよ!

 

ここからは、まだ行ったことないビーチ

ここからは、まだ行ったことないビーチ。あくまで、本やネットを使って集めた情報なので、参考程度にしておいてください。

こうやって考えてみると、僕の旅経験もまだまだ浅めですね。今後も精進して旅します!

 

1位のサンチョ湾ビーチ(ブラジル)

サンチョ湾ビーチは、ブラジルのフェルナンド・デ・ノローニャという島にあるビーチです。 2017年のランキングでも1位。去年は惜しくも2位でしたが、今年再び1位に返り咲きました。

フェルナンド・デ・ノローニャは、入場制限のある島です。また、入るには環境保全税が必要のようで、それだけ環境保護に力をいれている島なんですね。

レシフェというブラジルの街から飛行機が飛んでいるそうなので、ブラジルに行かれる方はぜひともご検討を!

 

3位のイーグルビーチ (アルバ オランダ領)

イーグルビーチがあるアルバという島は、ベネズエラの沖合に浮かぶオランダ領の島です。高度な自治が認められており、オランダ本土と対等な立場という位置付けだそうです。

アクセスは、アメリカからの飛行機が一般的なようですが、オランダからも飛行機は飛んでますし、ブラジルなんかからも行けるようです。(スカイスキャナー調べ)

そんなアルバの北西にあるのがイーグルビーチ。たぶん、ここは日本人からすればすごい穴場ですよね。ぜひ行ってみたい!!

 

4位のラ・コンチャ海岸(スペイン)

ラ・コンチャ海岸は、スペイン随一の美食の街として知られるバスク地方にあるサン・セバスチャンにある海岸のこと。サン・セバスチャンはフランスとの国境近くにあります。

マドリードから列車で行けたり、パリを経由して飛行機でも行けるようなので、セットで観光というプランも素敵ですね。

 

5位のグレース・ベイ(ターコスカイコス)

グーレス・ベイは2018年のランキングでは1位でしたが、今年は5位という結果に落ち着きました。ターコスカイコス諸島は、カリブ海に浮かぶイギリス領の島々で、リゾート地として名高い場所です。

グレイスベイがあるのは、諸島の中でも「プロビデンシアリス」という島で、この島が最もリゾート地として栄えています。

 

7位 ラビットビーチ(ランペトゥーザ島 イタリア)

海が綺麗すぎてボートが空に浮かんでいるように見える写真を見たことがありませんか?あれが見られるのが、このランペトゥーザ島。

ビーチの名前もいいですよね。「ラビットビーチ。」昔うさぎが大量に生息していた島(その名もラビットアイランド)が近くにあるので、この名前がついているそうです。

ボートが浮かんでいるようなあの絶景は、ぜひとも見に行きたい!!

 

8位 セブンマイルビーチ(グランドケイマン)

イギリスの海外領土である、カリブ海に浮かぶ島々の総称が、ケイマン諸島。その中でも最大の島が、このセブンマイルビーチがあるグランドケイマンです。こちらも、アメリカやイギリスの人から人気の観光地。

ケイマン諸島は、エイと泳げることでも有名ですよね。

 

9位 プラヤノルテ(イスラムヘーレス メキシコ)

メキシコの有名なリゾート「カンクン」からもフェリーで30分程度で行けるのが、このイスラムヘーレスという島。アナザースカイで、蜷川幸雄の娘である蜷川実花さんも訪れてました。

 

カンクンから手軽に行けるということで、世界一周中、カンクン周辺で1ヶ月近く滞在していた僕たちも、当然、、

行ってません。。

いや、本当に「島を旅する」とかいう資格もないくらいのレベルですが、カンクンの近くの町プラヤデルカルメンが気に入りすぎて、毎日ひたすらのんびりしかしてなかったら、いつの間にかメキシコを発つ日がやってきて、そういやイスラムヘーレス行ってないぞ!となったんですね。。

日本人宿のオーナーにも「行ってないの?!」とびっくりされる始末

もう、後悔してもしきれません。もう、ここは絶対近いうちに行く!!ある意味、今どこよりも行きたい島です。

 

10位 セブンマイルビーチ(ジャマイカ)

なんと世界のビーチランキングのトップ10に同じ名前のビーチが2つもランクインしているなんて!

こっちのセブンマイルビーチは、ジャマイカにあるセブンマイルビーチです。島の西端にある「ネグリル」という町にあるのが、このセブンマイルビーチですね。

 

まとめ

そんなこんなで、トリップアドバイザーのビーチランキングにあがったビーチと、関連する島についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

 

今回は、自分が実際に体験してない情報も多めでお送りしてしまったので、少し申し訳ない部分もありますが、みなさんもしどこか行かれたことあるよという場合は、ぜひコメントで感想など教えていただけるとありがたいです。

こうやってビーチランキングを参考に、次の旅行先を考えるというのも、島好き、海好きとしては楽しいですよね。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です