【パラワン島】エルニドでダイビングをするために!

どうも南の島ハンターのてりやき(@wellbeingposi)です。今回は、フィリピンのパラワン島エルニドでのダイビングについて書いていきます。

 

「エルニドでダイビングしたいけど、実際どんな様子?」

「エルニドのダイブショップ探してるんだけどー」

 

というあなたに向けて「実際のダイビングの様子」や「利用したおすすめのショップ」「日本語が通じるショップの情報」「ダイブポイントの紹介」などの内容をまとめてみました。

 

エルニドにどうやって行くの?なあたなはこちらの記事をどうぞ!

日本からフィリピンのエルニドへ!行き方の詳細徹底解説!

 

ダイビングは興味ないけど、エルニドには興味ある!というあなたはこちらの記事をどうぞ!

【パラワン島】エルニド観光ではアイランドホッピングに参加しよう!

 

スポンサードリンク

エルニドでダイビングしよう

2017 07 03 11 37 41 5

フィリピンのパラワン島にあるエルニド。「神が創った最後の秘境」と呼ばれるほど美しい海や景色をもつエルニド。ここにきたら、誰でもダイビングしたくなります。さぁダイビングしましょう。

 

ダイビングはだいぶショップ選びから

というわけで、僕たちが実際に利用したエルニドでおすすめのダイブショップをご紹介します。

 

その名もPalawan Divers

このショップ、かなりおすすめです。ガイドさんはとっても陽気だし(下ネタ多め)、でもちゃんと心配りしてくれるし、ブリーフィングは丁寧だし、道具の管理なんかもかなりちゃんとしているし。

PADIの5スターだし!!

実際に利用した感想ですので、間違いありません。ただし、英語しか通じません。(あ、フィリピン語も通じるはずです)日本語は全く通じないので、英語に全く自信がない!!という方は、日本語が通じる次にご紹介するダイブショップがいいかと思われます。

【場所はこちら】

 

日本語が通じるダイブショップ EL Dive

こちらのショップは、日本人の大塚さんという方が、オーナーをしているそうです。

僕は利用していないので実態は不明ですが、多くの日本人のブログを読んでいる限り、サービスも良さそうで、日本語でしっかりサポートしてくれるので安心できそうです。

詳しいことは、ホームページから問い合わせてみるといいと思います。

 

僕らも最初はこのダイブショップに申し込もうと思ったのですが、僕らがエルニドに行くタイミングとお店の閉店の時期がバッチリ重なってしまいまして、願い届かずでした。

 

ちなみに、僕がエルニドに行った際に他のダイブショップも何軒か覗きましたが、日本語が通じるショップは、他にはなさそうでした。フィリピンは英語はかなり浸透しているので、どこのショップも英語は大丈夫です。

とにかくこだわりがなければ、「Palawan Divers」か「EL Dive」がおすすめです!

 

申し込みどうする?

さて、ダイブショップが決まったところで申し込みですが、ネットで事前予約が1番安心です。先ほど紹介した、2つのダイブショップならどちらもネットで事前に予約ができるので、エルニド滞在が短い方は、ぜひ事前予約して行ってください。

 

現地でショップで直接の申し込みも可能ですが、滞在が短い場合「予約でいっぱいで潜れなかった!」なんてことにもなりかねません。

 

僕らもネットで事前予約。予約フォームがあるので、名前や希望日、コースなんかを書いて送信したら、すぐに返事が来ました。あとは、指示に従って、申し込み完了。その際に、Paypalで支払いもしました。

1人1日3ダイブでフルレンタル昼食込みで4,100php(約8,500円)でした!安い!!コスパ最高です。

※詳しい値段は、後ほどまとめてます!

 

実際にダイビングに行ってみた!

2017 07 03 09 13 17

そんなわけで、実際にダイビングに参加してみました。当日のリアルな様子をお伝えしながら、ポイントのことや、海の状況などお伝えしていきますね。

 

前日にショップでサイズ測定

予約が完了した後に、メールで「とりあえず、前日にショップに顔出せ!」みたいなことが書いてあったので、前日にショップへ。何されるかビビってましたが、どうやら用具のサイズ合わせだったようです。

その日は、ブーツやフィン、ウエットなどを合わせてわずか10分ほどで終了。

さすが5スター。準備が入念です。

 

ショップで待ち合わせ

お迎えはないので、宿からトライシクル(バイク型のタクシー)で、ダイブショップヘ。

まずは、当日のガイドやダイビング参加メンバーと顔を合わせて自己紹介。ガイドだけでなく、参加メンバーも自己紹介しなければなりません。

 

急に英語での自己紹介を振られた僕は

てりやき
「Hello, I’m Yoshiki I’m from Japan. Nice to meet you」

というまるで中学生が初めて自己紹介を習った時のような英語しか話せず。。撃沈。

今ならもう少し話せる自信ある!!

 

この日一緒に潜るのはアイルランド人のカップルと、カナダ人男性。プラス僕と妻。計5人にガイドが2人でした。

それから一緒に潜るわけではないですが、中国人の女性が「ダイブマスター」をとるための講習中らしく同じ船に乗るので、一緒に自己紹介。

てりやき
みんな英語うまいし。。

それから、今日のポイントのブリーフィングを英語で受けます。

一通りの説明が終わったら、昨日測定した用具を持って、ボートに乗り込みポイントへ向かいまーす。エルニドでのダイビングはボートダイブです。

 

この日のダイビングは3ダイブ

2017 07 03 09 41 21

 

僕らは、1日のフルコースに申し込んだので、この日は3ダイブ。

2017 07 03 09 40 30 2017 07 03 09 41 45

1つ目のポイントは「ヘリコプタートンネル」。ヘリコプターアイランドという、形がヘリコプターのような島にある洞窟です。ライトを手渡され、暗い洞窟を進みます。地形も面白くて、ワクワクしましたよー。中には変わった形のエビや、電気を発する謎の生物が居て、かなり楽しめました。

 

2017 07 03 11 40 22 2017 07 03 11 37 59 2017 07 03 11 53 38

2つ目のポイントは「カドラオアイランド」という島の近くのポイント。ここは魚の種類も多くて、遠くにバラクーダが見えたりもしました。珊瑚も種類豊富で、ここが1番いろんなものを見て楽しめたという感じ。

 

2017 07 03 13 56 21

3つ目のポイント「ヘリコプターアイランド」の近く、ウミガメがいるというポイント。ガイドさんと一緒に必死で亀を探すも、この日は亀は不在でした。残念。ここにはあまり魚はおらず、砂地が多かったです。

でも、浅瀬で流れがあって、結構気持ちよく最後のダイビングできたのでよかったです。

 

海の透明度や波の高さは?

エルニドの海は、実際に潜るとプランクトンが多くて透明度はだいたい15~20mくらいです。でも、プランクトンが多いぶん、魚やいろんな生物がいるし、珊瑚も豊富なので楽しいですよ。

僕らが潜った日は、波も流れもほとんどありませんでした。おおよそ、こんな感じらしいので、ダイビング経験が少なくても安心して楽しめます

 

ダイビングの昼食は船の上で豪快に魚を網焼き

2ダイブ目と3ダイブ目の間に、昼食です。船の後ろにコンロみたいなところがあって、火がボーボーでてて、そこで魚を網焼きします。アイランドホッピングでもこのパターンでしたが、エルニドではこれが主流なんでしょうか。

 

獲れたて、焼きたての魚が美味しくないはずありません。サラダやポテト、白ご飯と一緒に出してもらって、醤油をかけて白ご飯と一緒に魚を食べると、最高に美味い!!

昼食後は、美味しいマンゴーやスイカも登場。なんか、もうダイビングとかなくても、これだけで十分満足のような気が。

ちなみに、ミネラルウォーターやコーヒーは、船の上で飲み放題です。

 

ガイドのエルニドジョークが冴えわたる

昼食タイムが終わると、船の上ではガイドが下ネタで盛り上がり出します。

 

「潜水中におしっこがしたい時のハンドサインを知っているか?手をチョキにして、人差し指と中指の間を閉じるんだ」

初めて聞いた。感心していると、間髪入れず

「実際におしっこが出たら、指の間を話してピースサインだ!だっておしっこ出たら気持ちいいだろ!ぐへへ!!」

なんて実用的で、よくできたハンドサインなんだ!!

 

その後も「フランクフルトは好きか?」とか言って、中国人のダイブマスターを目指す女の子と盛り上がっていました。そこから先はご想像にお任せします。圧倒的セクハラですが、これもエルニドジョークです。エルニド最高!!

 

さて、そんなこんなでダイビング終えて15:00ごろ島に戻ります

 

エルニドダイビング基本情報まとめ

2017 07 03 12 06 15

それでは、ダイビングの料金について簡単にまとめておきます

料金まとめ

・3ダイブ:4100php(約8,500円) 昼食、フルレンタル込み

・2ダイブ:3,400php(約7,060円)

※機材持参で、250php(約520円)の割引

※3日連続参加で5%、5日連続参加で10%オフ

 

その他、詳しいことは「Palawan Divers」のホームページで確認してみてください。

 

 

どんなポイントがあるの?

2017 07 03 08 30 02

先ほどご紹介した「ヘリコプタートンネル」「「カドラオアイランド」などの他にも、「サウスミニロック」と呼ばれるイエローテイルバラクーダの群れが見れるポイントや、「トレスマリア」と呼ばれるギンガメアジやウミウシが見れるポイント。エイがいる「ツインロック」などが有名です。

詳しくは、Palawan Diversのホームページでチェックしてみてください!

 

まとめ

今回は、エルニドでのダイビングについて書きましたが、いかがだったでしょうか?

 

種類豊富な魚たちや、サンゴ礁に満足すること間違いなしですよ。そして、とにかくコスパがいい!ガイドの下ネタも最高に楽しくて、おすすめです。

ぜひ、エルニドでダイビング、経験してみてくださいねー!!

 

今回の記事も最後まで読んでいただきあろがとうございます。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です