バイロンベイ 行き方 飛行機とバスで

どうも、てりやき(@wellbeingposi)です。今回は、世界一周中に実際にバイロンベイを訪れた僕が、バイロンベイへの行き方を解説していく記事となっています。

 

「話題のバイロンベイに行きたいんだけど、どうやっていけばいいんだ??」

というあなたに読んでいただきたい記事となっています。

 

バイロンベイはオーガニックで、サーフィンで、ヨガで、ヒッピーな場所

IMG 4112

 

今回の記事は、バイロンベイへの行き方なので、まずは場所を確認しておきましょう。

バイロンベイは、オーストラリアの東海岸。ゴールドコーストや、ブリスベンから比較てきに近い場所にあります。

 

てりやき
ちなみに、バイロンベイにはオーストラリアの最東端なる場所があるので、バイロンベイに行ったらぜひ最東端を目指してみてください。

 

実際にバイロンベイに行ってみた感想は「なんか空気感が違う」ということ。もちろんいい意味ですよ。危なさとかないですからね。心配しないで。

 

サーファーやヒッピーがたくさんいて、ビーチ近くの芝生ではギター片手に演奏する人がいたり、語り合うカップルがいたり。本当に自由な空気感が満載です。

あとはやっぱりオーガニックで、ヨガというところがこの街の一押しポイントでしょうか?

 

詳しいことは、また別の記事でまとめようと思います。

 

バイロンベイへの行き方

バイロンベイへの行き方を簡単にまとめるとこんな感じ

 

日本→(飛行機)→ゴールドコースト空港→(バス)→バイロンベイ

 

という感じです。

 

もう1つ、バリナ・バイロン空港という最寄りの空港もありますが、こちらは日本からの直行便もなく、ゴールドコースト空港への便と比べると割高になる場合が多いので、おすすめしていません。(ただし、オーストラリア国内など、日本以外の場所から飛ぶ時は、どちらも検討してみるの有りだと思います。)

 

とりあえず、飛行機でゴールドコースト空港へ

2017 05 11 13 50 44

まずは、飛行機でゴールドコースト空港へ行きましょう

 

早速スカイスキャナーにて検索してみると、、

 

ゴールドコースト空港への直行便は、日本からだと成田からジェットスターが飛んでます。

関空からだと、ケアンズを経由したり、香港乗り換えも見つかりました。

 

簡単にまとめておくと

 

・直行便は成田からのジェットスターのみ

・成田からの直行便の所要時間は8時間50分

・関空からは、ケアンズ経由が一番良さそう。メルボルン、シドニー経由、香港経由なんてのも有り

 

という感じです。詳しくは、旅程など決まったらスカイスキャナーで検索かけてみるのがおすすめです

 

 

ゴールドコースト空港からは、バスでバイロンベイへ

Vw camper 336606 1920

※写真はイメージです

 

ゴールドコースト空港からは、バスでバイロンベイを目指すのが一番です。

 

特に有名な3つのバス会社
スカイバス…便数が多く、値段も安い、Wi-Fi完備

バイロンベイ-サーファーズパラダイスエクスプレス…バイロンベイとサーファーズパラダイスをつないでおり、途中で空港に寄ってピックアップ

バイロンイージーバス…便数は多め。他と比べると少し割高

 

1つずつご紹介していきますね

ちなみに、どのバス会社もネットで乗車券の購入ができるので事前の購入をおすすめします。

 

スカイバス

1日に7便運行しているスカイバス。

料金は、大人が片道28オーストラリアドル(約2,210円)です。往復で買うと54AUD(約4,260円)なので少しお得です。

 

国内線の到着口から近いところにチケットカウンターがあって、その横の出口を出たところが乗り場となっています。バスの中には、Wi-Fiもあるようですが、僕は実際にこのバスには乗っていないので、どれくらいの強さかはわかりません。

ホームページはこちらです

 

バイロンベイ-サーファーズパラダイスエクスプレス

1日に4便の運行です。こちらのバスは、ゴールドコーストのサーファーズパラダイスとバイロンベイとつないでおり、途中でゴールドコースト空港に寄ってピックアップするといった感じです。

値段は片道30AUD(約2,400円)で、往復だと55AUD(約4,340円)とこちらも往復での購入がお得です。

 

国際線の出口を出た先にある「Fixcafe」というところで、集合してピックアップしてもらえます。

 

国際線側の一番端の出口から出たところでピックアップしてもらえます。小さなバンのようなバスで、荷物は後ろの引っ張ってる台車に積み込む形式となっています。

ホームページはこちらです

 

バイロンイージーバス

1日に5~10本の運行です。便数が多いのが特徴です。

料金は、32AUD(2,520円)で、調べた限りでは往復のお得な料金は見つかりませんでした。

 

ピックアップ場所は、中央付近にあるATM近くの出口を出たところです。正確な場所は、予約メールに書いてあるそうなので、ご自身で必ずご確認ください。

ホームページはこちらです

 

てりやき
ちなみに、どのバスも基本はインフォメーションセンター前のバスストップで降りることになりますが、バイロンイージーバスは住所をいえばそこまで直接連れていってくれます。

 

まとめ

今回は、バイロンベイへの行き方を整理しました。

大切なことだけまとめると

①バイロンベイへは、飛行機とバスで行く

②主なバス会社は3社。自分の時間にあったバスを選ぼう

 

バイロンベイは、本当に素敵なところなので、この記事を参考にして行っていただければ、幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です