フィリピンボホール島へ 個人での行き方徹底解説

どうも島ハンターのてりやき(@wellbeingposi)です。今回の島旅はフィリピンのセブから行けるおすすめの島「ボホール島」への個人での行き方を解説していこうと思います。

 

「セブに滞在中にボホール島に個人で行ってみたいけど、どうやって行けばいいの?」

というあなたに向けて、実際に行った経験をふまえて「手段」や「時間」「チケットの購入」などの基本情報中心にまとめてみました。この記事を参考にボホール島まで行っていただけたら幸いです。

それではいきまーす

 

スポンサードリンク

そもそもボホール島ってなんだ?

2017 07 12 07 29 51

ボホール島は、フィリピンの人気リゾート「セブ」からフェリーで2時間で行けちゃう島です。人口114万人、面積は4,117㎢と国内では10番目の大きさです。

世界最小級の霊長類である「ターシャ」が生息していることや、世界遺産のチョコレートヒルズがあることでも有名で、周辺に広がる透明度の高い海と、多種多様な海の生き物へのダイバーからの注目も高く、世界中から多くの観光客が訪れる今話題の島なんです。

 

ボホール島への個人での行き方徹底解説

2017 07 12 16 01 50

まずは大枠をおさえておきましょう。

ボホール島への個人での行き方まとめ

・フェリーで行く

・チケットは前日、当日に購入が可能

・セブのpier1からフェリーは出発

・所要時間は2時間

・チケットは片道500~800php(約1,040~1,640円)

 

地図で見るとセブとボホールの位置関係はこんな感じです。この間をフェリーで行くわけですね。

それでは、それぞれの項目や、その他知っておきたい情報について細かく解説していきますね。

 

セブ〜ボホール島へはフェリーで行こう

Ferry 1977263 1280

ボホール島にセブ島から行く場合は、「フェリー」を利用するのが一般的です。

てりやき
すごいお金持ちだったら、ヘリとかチャーターできるんだろうなー

 

主要なフェリー会社は「スピードキャット(speed cat)と「オーシャンジェット(oceanjet)」の2つです。それ以外にフェリー会社があるので、当日港でチケットを購入される場合は、時間帯や値段で比較してフェリー会社を選んでもいいと思います。

 

「とりあえずわかりやすいのがいい!!」

「時間帯とかいいからあらかじめチケット買っておきたい」

 

というあなたは、上記の2つのどちらかに乗ることをおすすめします。

てりやき
ちなみに僕は、オーシャンジェットで向かいました!

 

フェリーにはどこから乗るの?

セブからボホールへのフェリーはセブの港「pier1」から出航しています。

【地図はこちら】

 

グーグルマップなら「pier1」と入力すれば出てきます

セブ市内やマクタンからpier1への交通手段はタクシーがおすすめです。ジプニーなどで行くのはかなり難易度が高いようなので、フェリーの時間もあるし、ここは無難にタクシーの運転手に「pier1」と伝えて、向かいましょう。(うまく伝わらない時は「I’d like to go to Bohol」と言えば、わかってくれます。

 

ボホールまでのフェリーのチケットはどこで買う?

さて、フェリーに乗るためにはチケットの購入が必要ですね。先ほどご紹介した「pier1」の港に行けば、当日でも各フェリー会社のカウンターでチケットの購入は可能です。

ただし休日や朝の便は満席で乗れないなんてことがあります。僕たちも当日にチケット買ったんですが、計画していた時間のフェリーはいっぱいでチケットが買えず次の泣く泣く1時間後のフェリーに変更せざるをえませんでした。

 

事前のチケット購入も可能

そうならないためには、事前のチケット購入!!港では、前日のチケットの購入が可能なので心配な方はあらかじめ下見もかねて港へチケットを買いに行っておきましょう。

 

また、セブ内にある「アラヤモール」や「SMモール」のツアーデスクでもチケットの購入ができるので、「港まで行くのめんどくさい」という方はモールへ遊びに行くついでに買っておくのもおすすめです。

 

フェリーの時刻や値段

Pocket watch 1637393 1920

フェリーの時刻について

フェリーは早いもので、朝の5:10から運航しています。そこからはだいたい1時間おきに出航しているといった感じです。

 

ボホールから帰るフェリーで一番遅い時間は、6:10にボホール島のタビグララン港をでるもの。セブに着くのは8:10の予定です。

僕がボホールに日帰りで行った時は、8:10に乗る予定がチケットが無くて、9:00に乗りました。帰りは念のために17:40のフェリーで帰りましたが、観光時間としては少し足りなかったかなという程度。

 

7:00発で17:40の便で帰ってくるくらいがしっかりボホールを味わうにはおすすめです。

 

フェリーの値段について

フェリーの値段は、500php~800php(約1,040~1640円)が相場です。往復で買っても値段は変わりません。

なお、詳しいことはそれぞれフェリー会社のホームページで確認するのが一番です。

オーシャンジェットのホームページ(時刻表)

スピードキャットのホームページ(時刻表)

 

実際のフェリーの乗り心地や荷物のこと

IMG 5520

さて、準備が整ったら実際にフェリーに乗ります。フェリーに乗る前には、飛行機と同じような荷物検査や身体検査がありますので、時間には余裕を持って乗船口へ向かいましょう。乗り場にはベンチもあって快適です。

 

大きな荷物がある場合は、ここでチケットを見せて預けるような雰囲気でした。(すいません、僕が預けてないのではっきりしたことはわかりません。。)

 

フェリーの中は全席自由席です。動いている時は外へは出れませんでした。設備といっても最低限のものしかありませんが、お菓子はスタッフが手売りしています。ただ、やはり船内で売っているものは、値段がスーパーなどに比べると高めなのであらかじめ買っておく方が無難ですね。

 

てりやき
乗船時間は2時間です。僕が乗った時は遅れることもなく予定通りに到着しましよ〜。揺れもほとんどなくて船酔いの心配もほとんどありません。どうしても心配な人は、酔い止め飲んでおきましょ〜!

 

ボホール島に着いたら?

ボホール島には、「タグビララン」と「トゥビゴン」の2つの港があります。ほとんどのフェリーが着くのは「タグビラン」港です。行きは乗っておけば着くので問題ないですが、帰りは2つ港があることを頭にいれておき行き先を間違えないようにしてくださいね。トライシクル(バイク型のタクシー)などの運転手にどちらか聞かれる場合もあるので、確認しておきましょう。

 

港に着いたらあとは下船して、いよいよ上陸です。上陸したら多くのトライシクルやバン、ツアーやってる旅行会社の方々の盛大なお迎えを受けることになります。あとはそれぞれのご自身の旅のスタイルや目的に合わせて交渉するなり、無視するなりしてもらえばいいかと思います。

個人的には、ツアーに参加するよりもトライシクルのおじさんと交渉して、行きたい場所を巡ってもらうのがいいと思いますよ。

 

まとめ

今回は個人でボホール島へ行く方法についてまとめてみました。

最後にもう1度、要点だけまとめておくとこんな感じです。

ボホール島への個人での行き方まとめ

・フェリーで行く

・チケットは前日、当日に購入が可能(大型モールでも買える)

・セブのpier1からフェリーは出発

・所要時間は2時間

・チケットは片道500~800php(約1,040~1,640円)が相場

・船酔いの心配ほとんどなし

 

 

ボホール島は見どころたくさんなので、セブまで行くならぜひ足を伸ばして欲しい場所です。行き方も理解してしまえば難しいことは何もありません!おすすめですよ〜

今回の記事も最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です