NYからフロリダへ マイアミの観光スポットへ行ってみたら

スポンサーリンク

どうもワクワク追求夫婦のteriyakiです。現在地はカンクン。メキシコの人たちがいい人たちすぎて、ずっと住みたい。もうこればっかり言っている気がする。

 

夫婦旅日記 しばらく書いていませんでしたが久しぶりの更新です。とりあえず、新年明けてからのことを一週間ごとに書いていこうと思います。それ以前の旅の内容も一週間ごとにまとめて少しずつヒマな時間に更新していこうと思います。おつきあいくださいませ。

とりあえず、

2018年1月1日〜1月7日 旅リスト

1/1 keruのシカゴ鑑賞 夫は寒さに耐えきれずマクドへ

新年明けて一発目。カンボジアで出会い、NYで再び合流してairbnbで借りた宿をシェアしている姉さんことあっこちゃんとkeru(妻)はブロードウェイにシカゴを見に行くらしい。

まずはチケットを買いにtktsへ。こちらはブロードウェイのミュージカルのチケットを安く手に入れることのできるカウンター。

詳しくは、こちらのブログが参考になります

ただ寒い!!!

噴水が凍っていた

チケットを手に入れるためには並ぶ必要があるのですが、この日のNYはマイナス。。本当に昨日この中タイムズスクエアで年越しをした人心のそこから尊敬する。

 

というわけで、一緒について行ったけど、私はミュージカルは少しお腹いっぱいなのでマクドへ逃げ込みます。。

ありえない寒さの中、女の気合いでチケットをゲットした二人は無事にシカゴを鑑賞。女性は強い。

 

ちなみに帰ってきた二人に感想を聞くと

「劇場をでた瞬間の自転車タクシーが全然イケメンじゃなかった」というシカゴ顔負けのコメント。

 

いや、そこですか。

 

1/2 肉汁飛び出すハンバーガー 5ナプキンへ

1/2は、NYで話題の5ナプキンというハンバーガー屋へ。名前の由来は「ナプキン5枚くらいないと肉汁飛び出しすぎて手とかべちゃべちゃなるくらいジューシーなお肉のハンバーガー」ということらしいのです。

昼過ぎに宿を出て、5ナプキンへ。ちなみに僕らが行ったのは UNION SQUARE店です。

すごい混雑かと思いきや昼を少しすぎていたためかすぐに入店。こちらのハンバーガー屋はハンバーガーの概念を変えようと努力をしているそうで、ハンバーガー屋だけどテーブルでオーダーをする方式だそうです。

そして、やってきたハンバーガーがこちら

お味の方は、肉がジューシーで美味しくて、もはや文句のつけようなし。味付けは上品ですが、肉の味が最高に美味しいのでそれ以上は何もいらないという感じ。お肉の味を味わってハンバーガーを堪能する贅沢なスタイルです。

かなりのボリュームなので、お店に行く際は残してしまわないように、僕を連れて行くことをオススメします。いつでも言ってください。航空券代、宿代、全て手配していただけるならすぐに駆けつけます。

5napkin のホームページはこちら 予約もできます

ナショナル・セプテンバー11メモリアル&ミュージアムはNYで一番訪れる場所

同じ日に、ナショナルセプテンバー11メモリアル&ミュージアムへ。こちらは、アメリカのワールドトレードセンターの同時多発テロ事件の公式追悼施設です。

 

実際にワールドトレードセンターがあった跡地に作られた建物の中には、テロで犠牲になった方々の写真や、当時の消防などの音声記録、崩壊したビルの一部などが展示されています。

この場所に来て、一番に感じたことは「命の重さ」。言い尽くされていて、言葉では重く実感を持って受け止めるのは難しいかもしれませんが、ここにくれば確実にその重みを認識できると思います。

平和を願う。そのことを忘れてはいけない。いつまでも本気で訴え続けなければいけないということを心の底から実感しました。

言葉にすると簡単で、当たり前のようなことですが、ここにくれば実感を伴ってそれを感じることができるます。僕はここをNYで一番行くべき場所だと感じました。ぜひ皆さんにも機会を作って訪れて欲しいです。

1/3 NYからフロリダへ

長らくお世話になったNYと宿とあっこちゃんにお別れを告げ、飛行機でフロリダのオーランド国際空港へ。

NYでは地下鉄と列車を乗り継いで空港へ。オーランド国際空港ではレンタカーを借ります。

レンタカーはエクスペディアで予約。空港のカウンターに行って国際運転免許証とパスポート見せたらあとは車へ直接向かうだけ。サイズによって駐車場所が別れており、どの車にするかは自分で選ぶ方式。鍵はさしっぱなし。

日本の誇り、トヨタに乗っていざ出発。

 

1/4 避寒地マイアミ、初めての冬到来

この日はマイアミへ向かいます。オーランドからフロリダは約3時間。レンタカーがあるので余裕です。乗り込む際に、左ハンドルずっと乗ってましたみたいな顔して運転席と助手席の位置を間違うっていうトラブルを二、三度起こしつつもマイアミへ。

フロリダはアメリカの人たちからしたら避寒地。冬でも暖かくて、海にもいけちゃう素敵な場所。そんな事前情報だけを頼りに乗り込むと、マイアミに大寒波がやってきていました。常夏スタイル(半袖半パンビーサン)は宿に着いた夕方には寒すぎる。

ちなみにこの日はairbnbの宿でしたが、そこのホストのお母さん曰く

 

「マイアミに初めて冬が来た」

 

ということらしいです。

初めてのマイアミの冬、そんな機会に立ち会えるなんて。なんてついてるんでしょう。

 

ちなみにこの日、宿のチェックインまで時間があったので宿から30分のマイアミビーチに向かったら渋滞に巻き込まれ、ガソリン入れるのに手間取って、ホストとの約束に間に合いそうになかったので、海を見ずに引き返してきたのはここだけの話。

1/5 アメリカ本土最南端 キーウエストへ!!

DCIM101GOPROGOPR3271.JPG

この日は、マイアミから日帰りでキーウエストへ。キーウエストは、アメリカ本土最南端の場所。途中にすごく綺麗なこんな橋と

DCIM101GOPROG0923238.JPG

最南端にはこんなマーカーと

アメリカ最長の国道1号線の0km地点があります

 

ちなみに、ヘミングウェイが晩年を過ごした家もあります。元国語教師の僕はヘミングウェイの凄さを知らず、後回しにしたら、時間が過ぎて入れなくなってしまいました。。なんか、ごめんなさい。

それもこれも、最南端のマーカーを見た途端にトイレに行きたくなり、一度最南端を離れ、トイレを探し回り、そのままトイレのあったビーチに虜になり、長居してしまったせいだと思います。でも、多分、アメリカ最南端のトイレでトイレができたので、そこだけは誇りに思います。

1/6 マイアミ観光 リトルハバナ ビーチ ウォールアート

この日はマイアミ観光。

目的地の最初のポイントは「リトルハバナ」マイアミにはキューバから移住してきた人が多く、その人たちがリトルハバナという素敵な場所をマイアミに作って生活しております。

場所はこの辺

という事前情報だけを頼りに行くと、確かにハバナはそこにありました。ほとんどスペイン語で書かれた看板。葉巻の工場。

 

ただ、事前情報が場所だけというやらかしぶりで、どこに行けば、何が食べれて、何が楽しめるのかは不明。とりあえずハバナの風だけ夫婦で感じて退散。

 

そこからマイアミビーチへ。マイアミビーチは、マイアミビーチ市にあるのです。マイアミビーチ市にあるビーチがマイアミビーチなのです。ややこしい。そして市の名前にビーチついてるとか格好良すぎる。

でも、冷静に考えたら横浜の浜は英語にするとビーチ。日本帰ったら横浜住もうかな。

車の駐車スペースが見つからず、とりあえず路駐してkeru(妻)だけ降りてビーチと通りの写真撮影へ。僕は車で待機。

降り出す雨。どんどん強くなる雨。

 

びしょ濡れで帰ってきたkeru。

 

次は僕の出番。雨もやみ、晴れ間も少し。日頃の行いでしょうか。こういう時に威力を発揮するのですね。

 

というわけでビーチ観察へ!!

噂に聞くマイアミビーチ。ヴィンディーゼルのようなゴリゴリむきむきのコロナ片手にライムどころか握力だけでりんご絞れるお兄さんと、「お尻ほぼ出てもうてるやん」「その胸なに?!りんごじゃないやん。スイカやん」なお姉さんを探すも、この日は雨と寒波のせいか海にはほとんど人はおらず。

最後にすごく優しそうな家族から写真撮影をお願いされて、終わり。

 

あれ?

 

でも、マイアミビーチ素敵です。特にサウスビーチが賑わうらしいので、皆様はぜひ寒波の訪れていないタイミングでどうぞ。

 

その後、マイアミ観光のもう一つの名物「ウィンウッド ウォールアート」へ。ここは壁に描かれたアートがたくさんのいわゆる「インスタ映え」するスポットです。「ふぉとじぇにっく」というやつです。

 

ちなみに僕は「The Skinheads 」とだけ描かれた落書きをヨーロッパで見かけたことがあります。マイアミには絶対負けない感が伝わってきて個人的には好きな作品です。

 

ここでもkeruが写真撮影のために車から出たら雨が降りました。ちなみに彼女は「雨女」とかいう概念がそもそも嫌いらしいです。自然相手にたかが一人の人間が「雨を降らせる」とか「晴れにさせる」とかおこがましいというのが彼女の主張らしいです。

 

間違いなく彼女は「雨女」。

 

1/7 シエスタキーは晴れ

DCIM101GOPROGOPR3439.JPG

昨日のうちにフロリダの西側に移動してきました。マイアミとはお別れを告げて、フロリダの西海岸です。

 

ここには、全米ナンバーワンビーチ(トリップアドバイザー)の「シエスタキー」が。

全米ナンバーワンビーチについてまとめた記事はこちら

 

シエスタキーは最高の白砂が眩しいのんびりするのにぴったりなビーチ。浜辺散策をしてあとはお昼寝。

 

気持ち良い…

 

起きたら白砂、眩しい太陽

 

あぁ、ここは天国か

DCIM101GOPROGOPR3459.JPG

 

ちなみにこの日は晴れ男の僕のおかげで快晴でした。

 

まとめ

NYからフロリダ。大寒波をおって旅した僕らの一週間。とりあえずこの一週間ではっきりしたことは、事前の準備の大切さと、keruは雨女だということです。

 

それでは皆様来週もワクワクした一週間をお過ごしくださいませ。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です