サーフィン雑誌『NALU』の特集は海好き全員に読んで欲しい内容

どうも海好きteriyakiです。

海に関する雑誌はできるだけ読もうと決めて、そこまでサーフィンに詳しくないけどサーフィン雑誌も読んでいる僕。

そんな中『NALU』1月号の「オーストラリア ロングボードトリップ」 特集がすごく良かったので、皆さんにもオススメです。特にサーフィンしないけど海は好きだって方にもぜひオススメなので、少し内容を紹介していきますね。

[amazonjs asin=”B0777MQ7PQ” locale=”JP” title=”NALU(ナルー) 2018年1月号 No.107[雑誌]”]
スポンサードリンク

特集の内容

オーストラリアロングボードトリップ と銘打たれた今回の特集は、オーストラリアの東海岸、サーファーにとっては聖地ともいえる「イーストコースト」の各ポイントを車で旅しながら紹介するという特集です。

プロサーファーの水野 雅透さんが中心となり、旅しながらポイントの紹介はもちろんのこと各タウンやそこに住む人の暮らしまで紹介されています。そのため、特にロングボードに的を絞った書き口ではありますが、ショートボーダーも、サーフィンをしない人も読んで楽しめる内容でした。

詳しく紹介してある場所は?

具体的に詳しく紹介されているポイントや街の名前を挙げておくと

特にオススメしたい内容

サーファーの暮らしが羨ましすぎる

サーフィン雑誌なのでサーフィンに焦点を当ててあるものの、僕が特に気になったのは各街に住むサーファーの暮らしぶり。

紹介されているサーファー達はプロサーファーではなく、シェイパー(サーフィンボードを削る職人)やアーティストをしながらサーフィンを楽しむ人たち。でも、その人達の暮らしにはサーフィンと海が欠かせない存在で、その生活に憧れます。

例えば、バーレーヘッズというポイントがある街に暮らしているTAKKESHはヨガのインストラクター。

ビーチなどでヨガパーティーをしながらそれ以外の時間は海へ。

引用:『NALU』1月号より

と紹介される暮らしは多くのミニマリストの理想そのもので、家族とバスに住んでナチュラルライフを送る素敵な方です。

こういう人が羨ましすぎる。僕もこんな暮らしがしたいよ。そう思わずにいられないサーファーばかり。海好きってサーフィンするかどうかは別として、ほとんどの人がこういう暮らしに憧れるんじゃないでしょうか?こういう暮らしをしている人がいるって知れるだけでもこの特集は読む価値ありです。

街の紹介も秀逸

また、サーフィンのことだけでなく各ポイントを有する街が紹介されているんですが、それもまた秀逸すぎる。

雰囲気の良さそうでいつまでも居たくなりそうなカフェから、その土地に根付くサーフショップが紹介してあったりと波に乗らなくてもその街に行きたいと思わせる内容ばかり。旅雑誌だと海辺の街でも海以外のスポットの紹介に多くを裂かれたりしがちですが、サーフィン雑誌でこういう街の紹介を読むと本当にその街のローカルの様子までわかったりしてすごく良いんです。

個人的に気になった場所

ブログなので個人的なことも少し。僕が特集を読んで個人的に気になった街は3つ。

ヌーサ

ロングボーダーの桃源郷と紹介されるヌーサ。世界で最もロングボーダーが憧れるスポットらしいです。

なぜかわかりませんが、もうそのヌーサという響きすら気になる。美しい自然に囲まれる街らしく

およそ喧騒とはかけ離れたロケーションが広がっている

引用:『NALU』1月号より

というのもメローでチルな生活にはぴったりで、やっぱりここには次のオーストラリア滞在で絶対に足を運ぼうと思います。

バーレーヘッズ・クーランガッタ・サーフタウン

現代的要素と古き良きサーフタウンカルチャーの融合は、とても暮らし易そうで落ち着いた雰囲気を漂わせている

引用:『NALU』1月号より

という記述で好きになりました。はい、単純ですいません。

レノックスヘッド

実はこのレノックスヘッドには行ったことがありまして、バイロンベイに行った時に、近くに素敵な街があるというレンタカー屋のおばさんの紹介で、遊びに行きました。当日は、雨が降ってあまり長くは楽しめなかったのですが、街の雰囲気がとても素敵で、これが昔のバイロンベイなんじゃないか?!と思った記憶が蘇ります。

当時はサーファの集まる街なんだという感覚くらいしかなかったですが、古き良き政党はサーフタウンだそうで、もう一度ちゃんと訪れてみたい衝動に駆られております。

ちなみに

みんな大好きバイロンベイももちろん特集では紹介されています。

バイロンベイのことについて僕が書いた記事はこちら

という宣伝です。ありがとうございます。

まとめ

というわけで、ちゃんと海のことをもっと知ろうと思って読んだサーフィン雑誌『NALU』で素敵な特集に出会ってしまったので思わず紹介いたしました。サーフィンが好きかとか関係なく、もう海が好きとかも関係なく、とりあえず読んだ方がいい。そう思います。理想の暮らしが見つかればいいですね。

ちなみに、僕と『NALU』には何の関係もございません。僕が勝手に紹介しているだけです。関係があるなんておこがましい。むしろ誰かこの記事を『NALU』のえらい人に紹介しておいてください。ありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です