フロリダとLA アメリカの2大ビーチ都市をまわる旅

どうもワクワク追求夫婦のteriyaki(夫)です。

リアルタイムは、プラヤデルカルメン。これを人は沈没と呼ぶのかもしれない。。

一週間ごとの夫婦旅日記。1月8日〜14日編です。

スポンサードリンク

2018 1.8〜14の旅日記

1/8 セントピートビーチは静かなビーチ好きにオススメ

2018 01 09 04 27 26

マイアミからフロリダの西海岸に移動して来た僕たち。この日は、西海岸の「セントピートビーチ」からほど近い「パスアグリル」というビーチへ。

宿から車で向かいます。途中にピンクの城みたいなホテルを発見。日本だったらラブホっぽくなる作りですが、アメリカの海岸沿いにあるとちゃんとなるから不思議だ。パスアグリルは人の少ない静かなビーチです。海の人混みに疲れたらここに来るのが本当におすすめ。

ここでスポンサーとして我々の旅を支えてくださっている豆仁さんのナッツと海の絶景写真を撮影。

2018 01 09 03 45 35

本当に美味しくて身体にも良い店主こだわりのナッツを売るお店 豆仁さんのホームページはこちらです

ビーチ沿いには、この地で亡くなった方を追悼してでしょうか?名前などが刻まれたベンチを発見。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 499e

素敵ですね。いつか死んだらこんな風に大好きなビーチに名前を刻んでほしい。とりあえず、海に散骨は決定です。

夕日の名所 クリアウォータービーチ

そして日暮れ前に夕日の名所クリアウォータービーチへ。

夕日に間に合うか微妙な時間に到着したのですが、走ってビーチに出た瞬間これ

2018 01 09 05 56 39

photo by keru

もはや言葉いりません。

とか言っておいて言葉でその魅力を説明した記事はこちら

この日は夕日を満喫して帰路へ。

1/9 クリアウォーター周辺満喫するならとダリとマナティーは欠かせない

UNADJUSTEDNONRAW thumb 490d

この日は、宿を出て移動の日。ちなみにairbnbで借りた宿は最高でした。本当にairbnbはちゃんと選べば、快適に旅できます。

チェックアウトの前にスパムおにぎりを作成。ちなみに作るのはもっぱら妻で、僕はその横で「これ美味そうやな」「ちよっと食べていい?」「うまー」と妻のモチベーションを上げることが専らの仕事です。まぁ、グローブでいうとマークパンサーみたいなもんですかね。

この日の最初の目的地は、クリアウォータービーチ。昨日は夕日のみ満喫した形だったので、昼のクリアウォータービーチを楽しみます。

2018 01 09 13 23 13

photo by keru

2018 01 09 13 13 16

photo by keru

2018 01 09 13 27 13

photo by keru

ビーチの素晴らしさって写真が一番伝わりますよね?

2018 01 09 13 31 58

photo by keru

とか言っておきながら言葉を使ってビーチの綺麗さを説明した愚の骨頂がこちらの記事

次の目的地は、ダリです。フロリダには、ダリの美術館があるって知ってました??なんとこちらの「ザ・ダリミュージアム」はダリの特に有名な作品18点のうち、7点を所蔵しているミュージアムで、ダリ好きならずとも、ヒゲ好き、アート好きはぜひ訪れたいスポット。

特にどれにも当てはまらない私をよそ目に「アート好き」のkeruの要望で向かうことに。ちなみに彼女は別にヒゲ好きではないそうです。

2018 01 09 15 11 30

photo by keru

2018 01 09 15 08 25

photo by keru

ダリもアートも好きでない僕もなかなか楽しめました。ダリの絵は人を惹きつける何かがありますよね。ちなみに全国のヒゲフェチのみなさん。

こんなフォトジェニックじゃなくて

UNADJUSTEDNONRAW thumb 4d29

ちゃんとヒゲジェニック見つけました。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 4907

ダリのヒゲ。これでヒゲジェニック撮影してください。

さらに、この日はもう一箇所野生の「マナティー」が観れるという場所へ。工場地帯の周りの海水が温かいため、冬になるとこちらに野生のマナティーがやって来るそうです。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 48e5

マナティーは基本的に頭隠して尻隠さず状態なので、写真ではあまり伝わりませんが確かに野生のマナティーが山ほどいました。というわけで、皆さんは完全に人の手によって作られたマナティーをどうぞ。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 48f6

野生のマナティーは現地に行ってのお楽しみです。無料です。もう一度言います。野生のマナティーを観るのが無料です。フロリダ行った際には是非どうぞ。

てなわけで、明日がフライトなので、この日はオーランド国際空港の近くに一泊。

1/10 いざ西海岸 憧れの地LAへ

この日は移動日。とうとう憧れのLAへ。飛行機も予定通り。取り立てて書くようなことはありません。しいて言うならば、LAに着いて最初に食べたのは「吉野家」だったことくらいです。

1/11 ベニスビーチと計画の日

この日は、とりあえずこれからのLAでの計画を立てる日。計画はLAの居心地の良いカフェで立てないと始まらない。

検索すると、こんな素敵なカフェが。

きっと僕たちは忘れていたんだと思う。ここがLAだっていうことを。そして、LAといえば、とびっきりオシャレな街だってことを。それから知らなかったんだと思う。このカフェがある「アボットキニー通り」がLAの中でも特にオシャレなストリートとして注目されていることを。

カフェについた僕の格好。上、AND1の大きめサイズのシャツ。下半パン。一歩カフェに足を踏み入れるとそこにはオシャレな人たちばかり。まるで雑誌『safari』から飛び出してきたような人たちばかり。

店の中は混雑していて、テーブルも空いていない。決して僕の格好がダサすぎたからじゃない。満席だったから、そのまま店の中を突っ切って逆サイドの出口から退散。カフェの滞在時間7秒。これでは、さすがに何もできません。

心を落ち着けるため、ベニスビーチへ。ベニスビーチもオシャレなLAのビーチラバーであふれている。

さぁ、マクドへ向かおう。というわけで、マクドで計画を練る僕たち夫婦。誰でも受け入れるマクドってやつが僕は本当に一番好きです。ありがとうございます。

1/12 LAといえばこれ!!keru思い出の「IN-N-OUT」へ

かつてLAに来たことがあるkeru。彼女にその時の思い出を聞くと、海の話なんか全くでてこない。でて来るのは「インアンドアウト」という店名だけ。ハンバーガー屋らしいのですが、かつてそれを食べて衝撃を受け、インターネットで検索までしたそう。

結局それ以来食べること叶わずだったそうで、昨日マクドナルドに心の底から感謝した僕たちは、早速裏切り行為を働き昼ごはんにIN-N-OUTへ。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 48d7

すごい混雑でしたが、並んでようやくゲット。

2018 01 12 11 37 12

うん。写真はイマイチだけど、味は美味い。これは虜になる気持ちもうなずける。長年まった再開に興奮を隠せないkeru。こうやってかつての海外の思い出に時を経て出会えるのも旅の魅力かもしれません。

この日は、レドンドビーチとハモサビーチにも行きました。ビーチのことはまた記事にしようと思いますが、オススメはレドンドビーチの桟橋でございます。

1/13 LAといえばやっぱりベニスビーチだった

2018 01 13 16 59 05

相変わらずビーチ巡りな夫婦二人の目的地はベニスビーチ。一日目は不本意ながらベニスビーチに立ち寄ったので、今日は心の準備していざ出陣。到着してすぐに見たスケーター達。

IMG 1183

格好良すぎるだろ。なんだこのビーチ。日本人の小学生か中学生くらいの女の子まで滑ってて、この時点でもう僕の頭の中に浮かぶ二文字は「自由」のみ。

そして、浜辺から聞こえて来た打楽器の音につられていくと

IMG 1192

打楽器隊がいました。本当のところはわからないけど、打楽器中心のバスカーが音に誘われて少しずつ集まって打楽器隊になったって感じで、みんな思い思いの楽器でリズムを奏でる。それぞれ自由なんだけど、それがまとまって一つのリズムを作り出す。これこそが本当の自由だと実感。

リズムに合わせて踊る人、ただ見守る人、キスをするカップル。それぞれが自由だけど、なんとなくゆるく繋がる。夕日に照らされるベニスビーチで見たこの光景はを思い出すだけでピースフルな雰囲気に浸れるのです。

2018 01 13 16 51 00 2

本当に、これは見た方が良い。ベニスビーチはやっぱりLAの代表的なビーチになるだけのことはある。

1/14 ロデオドライブとビバリーヒルズ2018 01 14 17 27 27

この日は、買い物に行く予定だったのですが、なんとなく欲しいものが見つからなかったので、どうせならセレブ気分を味わおうとLAの高級ストリート「ロデオドライブ」へ。有名ブランド店が並ぶストリートを歩いて、セレブ気分に浸る二人。

こんな写真を撮りました。

2018 01 14 17 28 04

photo by keru

お気付きですか?右手がお金マークになっていることに?ただキメるだけでは、気がおさまらない男。teriyakiです。

その後、ビバリーヒルズへも足を運び

UNADJUSTEDNONRAW thumb 4b56

記念撮影。ちなみに、keruはビバリーヒルズ青春白書世代らしいので興奮してましたが、僕は「なだぎ武」のネタでしか見たことがありません。

ジェネレーションギャップ

まとめ

というわけで、一週間まとめてお伝えしました。あ、ちなみに言っておきますが、ロデオドライブでは買い物してません。あ、知ってますか。そうですか。

それでは、来週もワクワクの一週間をお過ごし下さい。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です