【ブラジルの人が憧れる】ロペスメンデスビーチへの行き方とを徹底解説

どうも海の旅人teriyakiです。今回はブラジルの「イーリャグランジ」という島にある、海の国ブラジルの人々が憧れるビーチの話。

 

スポンサードリンク



海の国ブラジルで人々が憧れる楽園にあるビーチとは?

ブラジルの多くの人が「楽園」と称し憧れるイーリャグランジの中でも人気の高いビーチを知っていますか?

その名もロペスメンデスビーチ。なにやらちょっと男性ホルモン強めの胸毛ボーボー、ムキムキの外国人でも思い浮かべさせるような名前ですが、一体どんなとこだろう?ということで、気になったので行ってきました。

 

ちなみにこちらのビーチ、2014年のトリップアドバイザービーチランキングでは、世界のランキングで堂々の第13位に輝いています。

 

ロペスメンデスビーチへの行き方

船の時間帯とツアー会社について

ロペスメンデスビーチ通称ムキムキビーチ(僕だけが勝手に呼んでる)は、イーリャグランジという島にあります。

リオからイーリャグランジへの行き方はこちら

 

多くの人が宿泊する中心地からは離れているため、船に乗って近くのビーチまで行き、そこからトレッキングで約30分の道のりという行程を経る必要があるんです。

さすが、ムキムキ。一筋縄では会わせてくれません。

というわけで、まずは中心部にあるいくつものツアー会社で船探し。いくつか回りましたがどのツアー会社も全く同じ時間帯の船でした。1つの船がいろんなツアー会社から人を集めてくる仕組みのようです。

船の時間帯

ビーチへ向かう船が

9時半、10時半、11時半

帰りの船が

15時、17時、19時

 

実際に行ってみて感じた注意点や詳細

翌日、朝の9時半のボートでロペスメンデスビーチに向かいます。

船着場の前のアサイーボウル屋で朝ごはんを購入し、出発!アサイーはブラジル発祥って知ってました?すごくスタイルの良いモデルみたいな朝ごはんです。

船は中型のゆっくりめボート。約50分かけて、ビーチに向かいます。

 

トレッキングはビーサンでも安心

船が到着するのは、ロペスメンデスビーチの手前の船着場。そこからは1山超えて、ビーチを目指します。トレッキングと聞いて心配していましたが、山道ではありますがある程度整備されており、歩きやすい道でした。ビーサンでも十分にトレッキング可能です。

虫除けは必須

ただし、蚊が多いので虫除けは必須です!!イーリャグランジではいたるところでマラリアの注意を換気する看板も見かけました。そういった意味でも蚊の対策は十分に行っていきましょう。

 

ロペスメンデスビーチの魅力

無事に30分程度のトレッキングも終え、いよいよロペスメンデスビーチとご対面です。

広さと青さに圧倒される

ロペスメンデスビーチの魅力としてまず語っておきたいのはその開放感。山道をトレッキングしてきた後だから余計にでしょうか、ビーチにでた瞬間その広さに圧倒されます。

また、海の青さも抜群。白い砂浜と綺麗なグラデーションを作り出す海の青は、リオデジャネイロの海のはまた違った素晴らしさをもつ壮大な景観です。

 

人が少なくのんびりできる

ロペスメンデスビーチは、アクセスに手間がかかるということもあり、ビーチの広さに対しての人の数は少なめ。リオデジャネイロのビーチは活気があって良いのですがどうしても人が多くなりがちで、のんびりすることはできません。

それに対して、ロペスメンデスビーチは本当にのんびりできて、リラックスにもってこいのビーチです。

ちなみに、やはり当然のことですが朝早くの便で行くと人はかなり少なめです。お昼近くから急に増え出すので、満喫したい方は9時半の船で行かれることを強くおすすめします。

 

ロペスメンデスビーチに行く際に持って行くべきものは?

こちらのビーチに持って行く際の必需品は、カメラと虫除け、それからビーチタオルなどの浜辺で寝る際に敷く物です。

また、こちらのビーチは食料を調達する場所がほとんどないので、お昼ご飯は自分で用意して行く必要があります。

ビーチには1軒だけ売店が有りましたが、扱っているものの種類は少なめでした。やはり、食料は自分である程度準備して行く必要がありそうです。

 

まとめ

何やらとりとめのない紹介になってしまいましたが、ロペスメンデスビーチへ行く際のポイントを簡単にまとめると

・どこのツアー会社も同じ時間帯の船

・早めに行くべし

・たどり着くにはトレッキングが必要

・虫除け、ビーチタオル、食料が必要

・綺麗で広いロペスメンデスビーチは一見の価値有り!

ということですかね。

 

皆さんもリオから足を伸ばして、ぜひリオのビーチでは味わえない雰囲気を体験してみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です