【ペルー】リマでサーフィン?!レドンドビーチのご紹介

どうもビーチハンターteriyakiです。

ペルーのリマの海。日本にいるとあまり馴染みがないかもしれませんが、実はペルーってサーファーの憧れの地だということはご存知ですか?

そんなサーファー憧れのペルーの首都リマで海岸沿いを歩いてみたら?今回はそんな記事です。

スポンサードリンク



ペルーにはサーファー憧れの海がある

ペルーには、サーフスポットがいっぱいあるんです。特に有名なのは「チカマ」。こちらは全世界のサーファーが憧れる場所で世界一長い波が破れる場所と言われます。その全長は4km。

「チカマ」以外にもポイントがたくさん。「マンコラ」と呼ばれる場所では、フンボルト海流と赤道からの暖流がぶつかる理想的な波の立つ場所。

 

そして、ペルーでは首都のリマでもサーフィンできるんです。ペルーというとマチュピチュとか、ナスカとかどうしても高地や地上に目がいきがちであまり海のイメージがないですが、プロサーファーも排出するほどのサーフィン大国。

僕もリマに行くまでそんなこと全然知らず。。やっぱり世界に目を向けるとまだまだ知らない海のことっていっぱいあるんですね。(サーファーの中では当たり前かもしれませんが。。)

 

リマのサーフポイントに行ってみた

プラヤレドンド周辺から海歩きスタート

さて、本題に入ります。ペルーのリマの海でサーフィンできると聞いて、見に行かないわけにはいきません。サーフィンは初心者だけど、海の情報はしっかり現地取材。

リマにもいくつかポイントはあるらしいですが、一番簡単にアクセスできるのは「ミラフローレス地区」と呼ばれる高級住宅街が並ぶ場所から歩いていける「プラヤレドンド」でしょうか。

場所はこのへん

ミラフローレスの街から海を見下ろすとこんな光景です。

目をこらすと確かにサーファーが!!これは行くしかないだろう。というわけで、崖をおりて海におりていける階段を探しあて、海へ。

プラヤレドンドではレンタルや体験も

降りて行った先にあった光景はこんな感じ。

桟橋を挟んで右側では、海岸沿いで多くのサーフボードレンタルが。リマの海は水温が低いらしく、ウエットももちろんレンタル可能です。この日は自分が海に入らないと決めていたため、値段を聞くの忘れてました。。

桟橋右側はスクールをしていたり、初心者が体験したり練習したりという雰囲気。海岸沿いを歩いていると、多くのレンタルのお兄さんやおばさんから「サーフィンしていけ」と声をかけられます。

桟橋の左側は中級者〜上級者?

続いて桟橋の左側へ行ってみるとそこには、バシバシ波に乗る中上級者の姿が。どうやら桟橋を挟んで右と左でレベルわけされているようです。

海から上がったサーファーは身体もかなりの仕上がりでした。ほとんどの人がローカルなのか、車にサクッとボードを積んで、颯爽と帰っていきます。

波自体は、コシ〜アタマくらいです。

サーフィンだけじゃない

レドンドビーチはサーファーだけしかいないかというとそんなことはありません。こちらのビーチは石が敷き詰められたビーチ。その上にシートを敷いて、水着で日焼けをしている方や、カップルでサーファーを眺めてのんびりしている方などもたくさん。

自分はサーフィンしないという方も、このビーチでサーファー眺めながらのんびりも結構おすすめです。

まとめ

今回は、ペルーリマのレドンドというサーフポイントに行ってみてわかったことをまとめてみました。サーフィン初心者なので、あまり役に立つ情報はなかったかもしれませんがリマの海の情報ってあまりないので少しでも参考になればと思います。

ペルーリマの海沿いより

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です