【集中力アップさせたいあなたへ】ポモドーロテクニックがおすすめ!アプリも紹介します

どうもteriyakiです。今回は集中力アップに効果的な「ポモドーロテクニック」のお話。

・「仕事や勉強の際、頑張ってもなかなか集中力が続かない」

・「机に座っていても集中力が持たずいろんなことに気が散ってしまう」

 

そんなあなたにおすすめの「集中力が持続して、続けることで集中力がアップする」ポモドーロテクニックという方法をご紹介します。

 

スポンサードリンク



この記事から知れること

・集中力をあげるポモドーロテクニックについて

・ポモドーロテクニックの具体的なやり方

・ポモドーロテクニックにおすすめのアプリ

それではいきまーす。

 

ポモドーロテクニックとは?

Tomatoes 5356 1920

90年代の初めに、作家のフランチェスコ・シリロ氏が発明したのが「ポモドーロテクニック」です。「ポモドーロ」とは、イタリア語で「りんご」をポモ、「金色」をドーロということから「金色のりんご=トマト」という意味をもつ言葉。

シリロ氏が愛用していた「トマト型のキッチンタイマー」が名前の由来だと言われています。

 

タスクを決めて、短時間で集中して作業を行い、間に休憩を挟むこのテクニックは「集中力を保つ」方法、そして何度も繰り返すことで「集中力のアップにつながる」方法として、多くの人が実践しています。

 

具体的なやり方は?

ポモドーロテクニックのやり方はとても簡単です

①取り組むことを1つ決める

②25分間にタイマーをセットして、25分間1つのことに取り組み続ける

③25分たったら、5分間程度の休憩を挟む

④休憩が終わったら再び25分間作業に取り組む

⑤②〜④を4セット繰り返したら15分〜30分程度の休憩を挟む

これだけです。

 

ポイントの1つ目は、1つのタスクだけに取り組むことです。途中で、別の仕事を思いついてもメモしておく程度にとどめ、とにかく今やると決めた目の前の仕事に集中します。また電話などで中断された場合は、一度タイマーを止めて、電話が済んだらもう一度元のタスクに戻って行うようにします。

 

もう1つのポイントは、25分たったらどれだけ作業が途中でもそこで一旦作業を中断して休憩をとることです。たとえ、文章をガリガリ書いている途中だとしても、ここから一気に仕上げたい状態だとしても、必ずタイマーの指示にしたがって一度休憩をとりましょう。

なぜ、そういったポイントを守ることが大切なのかは次の項目で説明します。

 

なぜ、ポモドーロテクニックで集中力があがるのか?

人の集中力は、一般的に15分〜45分程度しか持たないという研究結果があります。つまりポモドーロテクニックは人間の集中力が持続する時間を上手に利用し、「集中→休憩」を繰り返すことで、集中している時間の生産性が高まるという効果が発揮されることになるという仕組みなのです。

 

そして、集中力が高まって作業が軌道にのってきたところであえて休憩を挟むことによって「タスクを最後まで終わらせたい」と脳が強く感じることになります。その結果、次の作業を開始する際にも苦労することなくタスクに取り組めるという仕組みでもあるのです。

 

また、タスクを短く区切る(この場合時間で)ことにより、全体をみると途方もないことのように思える大変そうな作業にも意欲的に取り組みやすくなるという効果や、休憩時間があらかじめ決まっていることで「この時間だけ集中すれば休憩ができる」と脳がより高い集中力を発揮するといった効果もあるのです。

皆さんも「これが終われば、飲みにいける」なんて考えた時の方が仕事に集中して取り組めた経験があるはずです。あれと似た効果が毎回の25分の区切られた時間に発揮されるというわけです。

 

僕自身ライターの仕事をする中で、長めの「ライティング」は気が重くてなかなか進められず、完成することばかりを考えて、まだまだ書かなければならないことに意識が向いてしまい、途中で集中力が切れ、現実逃避でyoutubeを観てしまうなんてことをよく繰り返していました。

しかし、この方法を使うことにより、とにかく今やることに意識を集中することができて、長いライティングや面倒な仕事も比較的苦労することなく片付けられるようになったのです。

 

5分間の休憩時間で何をするか?

Station 2322260 1920

ちなみに、5分間の休憩で何をするかは基本的に決まっていませんが、僕が本から学んだり、実際に実践しているおすすめの方法をいくつか紹介します。

 

・瞑想

・コーヒーやお茶をいれる

・洗濯や洗い物などの簡単な家事

・筋トレ

・ストレッチ

・立ち上がってウロウロ

 

もっともおすすめなのは、瞑想です。場所を選びませんし、瞑想によっても集中力がアップするので一石二鳥。

 

また、僕の場合、朝家でブログを書いたりなどの作業をすることが多いので、その休憩時間に洗濯などの短い時間で済む家事を終わらせてしまうことも多いです。この方法だと、面倒臭い家事も作業と同時並行でいつのまにか済んでいることが多いので、家で仕事をする人にはかなりおすすめです。

 

カフェなどで作業をする場合は、軽いストレッチや、先ほどの瞑想がいいですね。それから、これはDaiGoさんの本で学んだのですが、単に立ち上がるだけでも、休憩中の気分転換には効果があるとのことだったので、広いカフェや図書館などで作業をしている場合は、立ち上がって館内やお店の中をウロウロしてみるのもいいかもしれません。ただし、あまりにやりすぎると完全におかしな奴になってしまうので、気をつけましょう。

 

ちなみに、僕は休憩時間の「読書」はおすすめしません。本が面白いと続きが気になって、元の作業に戻った時に集中できなくなりますし、文章を書く作業などの場合には、本の文章の書き方に引っ張られて、自分のリズムで文章を書けなくなってしまうことが多いからです。

 

ポモドーロテクニックの実践におすすめのアプリ

そんなポモドーロテクニックを実践するのに、おすすめのアプリがこちらです。

Be Focused - Focus Timer
仕事効率化, ビジネス無料iOSユニバーサル

 

こちらのアプリは、ポモドーロテクニックを実践するために作られたアプリです。25分と5分のタイマーが自動的に交互にくるように設定されているので、わざわざ手動でタイマーの時間を変える必要もなく簡単にポモドーロテクニックに取り組むことができます。また、4セット行った後には、15分の長めの休憩も勝手に設定されます

 

しかも、「セット数」や、「作業時間」、「休憩時間」は自分で設定することができますし、「タスク」を設定して、タスクごとに、時間や何度そのタスクに取り組んだかを記録してくれて、後から確認することもできる、まさにポモドーロテクニックに特化した便利なアプリなんです。

 

「Be Focused Pro」という有料版もありますが、無料版でもなんの不便もなくポモドーロテクニックが実践できるので、ポモドーロテクニックを始めようと思う方はぜひダウンロードされることをおすすめします。

 

まとめ

今回は、「集中力をあげる」「集中力アップ」のためのポモドーロテクニックをご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

ポモドーロテクニックを使えば、苦労することなく日頃の作業の集中力がアップさせ、時間を有益に使うことができるようになるので本当におすすめです。ぜひ、皆さんもポモドーロテクニックを駆使して日々の生産性をあげてみてくださいね。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です