ワークショップ 開催報告 100のリストでやりたいことを知る編

どうも、ワクワク追求夫婦のてりやき(@teriyaki44)です。今回は、先日行った100のリストのワークショップの報告です。

「ワークショップの内容気になる」

「100のリストのワークショップって何?!」

というあなたに読んでいただきたい内容となってます。

 

100のリストのワークショップとは?

僕たち、ワクワク追求夫婦は、中学生がこれからの生き方を考える学び舎をオープンしたいと、日々活動しています。その中で、現在毎月1度、これからの時代を生きる力とつけるためのワークショップを行っています

 

主な対象は、中学生とその保護者の方ですが、今のところはたくさんの方に知ってもらいたいので、特に制限せず、いろんな方にご参加いただいております。

 

その第2回を2019年2月17日(日)に開催させていただきましたー!

今回のテーマは「100のリストを使って、自分の中にあるワクワクや、叶えたい夢を見つけよう」というもの。

 

100のリストとは、簡単にいうとやりたいことを100個書いて、本当に自分がやりたいことや、ワクワクすることを見つけようというツールです。今回は、そんなツールをみんなで作成しつつ、シェアしあって、ワクワクをさらに加速させるためのワークショップを行いました。

 

参加していただいた方の声(一部抜粋)

いろんな人の発表を聞いて楽しかったです

 

普段ぼんやり考えていることをより具体的にすることができました

 

シンプルな内容でわかりやすかったです。バケットリストを作ろうと思いながらも出来ていなかったのでこんなチャンスをいただいて実現しました

 

リストには、自分がでる、ほかの人との違いが顕著

 

今日も楽しかったです

 

100のリストワークショップの具体的な内容

2019 02 17 14 37 11

ワークショップの流れは…

自己紹介

簡単な100のリストの説明

参加者で100のリスト作成

↓(休憩)

100のリストから「今特にやりたい10のこと」を選ぶ

発表

まとめ

という感じ。

それでは、簡単にですが、それぞれの場面を振り返っていきます

 

自己紹介

この日の参加者は6名。今回は新しく来ていただいた方が3名と、前回に引き続き参加していただいた親子3名連れ様でございます。

それぞれに、「名前」「今やっている主な活動(仕事や趣味など)」「行きたい国」をあげてもらいました。

 

簡単に100のリストの説明

自己紹介が終わり、僕から簡単に100のリストの話を。

要点をまとめるとこんな感じ

・100のリストは、とにかくやりたいこと100個書く「自分の中にあるワクワクを知るツール」

・アメリカではバケットリストと呼ばれています

・なぜ100個なの?

・書くときに意識したいこと!

という内容で15分ほど説明させていただきました。

 

参加者で100のリスト作成

説明を終えたら、いよいよそれぞれに100のリストを作成してもらいます。

 

今回は、ワークショップが全部で1時間半と限られた時間なので、時間を区切ることにしました。(本当は、時間を気にせずじっくり書き出す時間を取る方がいいです)

30分ほど時間をとりましたが、皆さん真剣にリストを作成してました。

 

とにかく思いついたことどんどん書くのが100のリストなので、思いつくまま筆を走らせる。

でも、さすがに途中で筆がとまる。

先ほど、説明した意識したいことの中にあった「書いてあることを細分化してみる」ということも意識しつつ、さらにリストの項目を100に近づける。

 

こんな流れで真剣な作業。

 

普段、こうやって自分と向き合う時間てなかなか取れないので、この時間だけでも有意義な時間になりますよー!

 

特にやりたい10のことをまとめる

本当は、100のリストを全員がすべて発表したいところなんですが、さすがにこれも時間的に限界があって無理なので、今回は発表用に、100のリストの中から特にやりたいことを10個選んでまとめてもらいました。

 

付箋に書いて、画用紙に貼り付けます。この作業は、今まであんまり意識したことなかったんですが、やってみると、特に今やりたい10のことが明確になれば、最初の一歩も踏み出しやすいかなーと気づきました。

 

てりやき
ワークショップやると、来て頂いた方も、僕らにもたくさんの気づきがあるので面白い。

 

いよいよ発表

2019 02 17 15 23 49

いよいよ発表です。それぞれが、10のやりたいことを発表。簡単に解説や、説明もしてもらいます。

先に一言。「私もやりたい!!」「私やったことある!!」「それなら、こんな方法知ってる」は、どんどん伝えましょう。

 

というわけで、1人ずつ発表してもらいました。

やっぱりここが1番盛り上がりました。そして、ここがやっぱりワークショップのいいところ。

「私やったことある」「私もそれやりたい」「へー初めて知った!!」なんて声がたくさんあがり、さらに「いいね〜」と言ってもらえることで、よりやりたい気持ちが高まります。

 

ワークショップのまとめ

盛り上がった発表が一通り終わり、最後に100のリストの今後の活用方法をお伝えしました。

 

簡単にまとめると

・100のリストを項目ごとに整理すると、自分が興味のある分野に気づき、それを深掘りするとさらにやりたいことが見えてくる

・「いつやりたいか」で整理してみても、今後の活動の指針になる

・100のリストは、必ず見えるところに!!

・それぞれのやりたいことに「初めの一歩を書き込んでみるのも効果的」

という感じ。

 

この記事のまとめ 100のリストのワークショップは、ただやりたいことが見つかる以上の相乗効果がある

今回のワークショップを通して、100のリスト作りの良さを改めて再認識すると共に、ワークショップ形式でみんなで発表し合うことによっていろんな相乗効果が生まれることも見つかりました。

 

今回も、参加していただいた方や、ワークショップの場所を提供していただいた方など多くの方のご支援で無事にワークショップを終えることができました。本当にありがとうございます。

 

ワークショップはまだまだ続きます!

スクリーンショット 2019 02 26 16 08 53

ワークショップは、今後もまだまだ続きます。

 

次回のワークショップ詳細
・テーマ:「自分を知る・他人を知る」

〜自分のことをうまく伝えられますか?互いに自分を表現することで、自分や他人をより深く知ってみよう!〜

・日時:3月17日(日)の14:00~15:30

・場所:神戸市東灘区岡本8丁目2-2 コーブン岡本5階 (阪急岡本駅より徒歩10分)

 

初めての方も、今まで1度来て頂いたかたも大歓迎です。

 

何かご質問があれば、いつでも問い合わせフォームか、happy_frog_kerukeru@yahoo.co.jpまでメールください!

 

また、我々のワークショップを別の場所でも開催して欲しい、世界一周の講演会して欲しいというご依頼も大歓迎です。関西圏であれば、どこへでも行かせていただきますので、ぜひ1度問い合わせフォームよりお問い合わせください!

 

今回の記事も最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です