くら寿司のBGMについて気になったので書いてみる

どうもteriyakiです。つい最近、夫婦でくら寿司へ行きました。そこで僕はあることに気づいてしまったのです。

スポンサードリンク



この記事から知れること

・くら寿司のBGMのこと

・芸能界で威厳がある人たち

それではいきまーす。

 

くら寿司のBGMに威風堂々がちょくちょくかかる

皆さん、くら寿司に行って、BGMって聞いたことありますか?

おそらく、あの座席に座った瞬間から多くの人は、全意識をタッチパネルとビッくらポンに集中させていると思うので、普段は意識してBGMを聞くことなんてないかもしれません。

 

僕もそうでした。先日夫婦でくら寿司へ行った際、久しぶりのお寿司に狂喜乱舞し、座席につくやいなや、「びんとろ」と「とろサーモン」を連打。流れてくるお寿司を横目に、到着したお寿司を胃に流し込む。

 

でも、満腹になって、ふと我に返った時に気づいたんです。くら寿司のBGMが「威風堂々」になっていることに。よく聞いていると、しばらく威風堂々。その後、何やらよくわからない音楽に戻り、また威風堂々。

 

しかし、なぜ威風堂々なのか?

しかし、よくよく考えてみると、よくわかりません。なぜ、威風堂々なのでしょうか?

かわいいむてん丸のキャラクターがタッチパネルの中で野球対決をして、当たってでてくるビッくらポンは、かわいいお寿司のミニチュアだったり、時にポケモンだったり。

 

もし、威風堂々を店内のBGMでかけるのだとすれば、タッチパネルの中で野球対決をするのは、「野村克也」と「張本勲」でなければならないはずだし、ビッくらポンの景品も「万年筆」とか「長財布」とかにしないといけないと思うのです。

 

ネットで調べてみた

気になることはなんでもネットで調べられる時代です。ここは、インターネットで調べてみることにしましょう。Google大先生を立ち上げ、検索ワードは「くら寿司 威風堂々」。

最初に表示されたのは、yahoo知恵袋でした。どうやら僕と同じことを考えて、すでに質問している方がいるようです。気になるベストアンサーは「違う会社でも流れていたので、そういう有線があるのかもしれませんね。」(概略)という内容。

 

うーん。。

 

そうなってくると、なぜその有線をチョイスしたのか、という話になってくるのですが、どうやらそこまでの答えは導き出されていないようです。

 

そこで、「あわせて知りたい」といういわゆる関連質問を見てみると。似たような質問をしている方を発見!!

ちなみにその下に

「笑点の山田君はなぜあんなにみんなに嫌われているのですか」という質問があって、そっちの質問の方が気になってきましたが、ここはぐっとこらえます。

 

そして、そちらの質問(山田君の方じゃないよ)のベストアンサーを拝見すると

「威風堂々を聞くと、「財布の中身を気にしてるんじゃないよ!食べようぜ!」って感じになるからではないですか?」との答えが。

 

これはなかなかのベストアンサーです。確かに。威風堂々を聞くとつい気持ちが大きくなって、「俺はいつでも堂々としているよ。かかってくるなら、かかってこいよ」というオーラを発したくなりますからね。

 

くら寿司のホームページをチェック

とはいえ、ブログというのは、読んでいただいている人に、正しい情報を伝えなければいけません。yahoo知恵袋の答えで満足しているのなら、僕のブログは必要ありません。「yahoo知恵袋のベストアンサーをのせるだけなら、最初からyahoo知恵袋を読むわ。」ということにもなりかねないので、ここは「公式ホームページ」から情報を探すことにしましょう。

 

「キャンペーン」というページを見ても「威風堂々を聞いて堂々と1万円払って、釣りはいらんと言おうキャンペーン」なるものはやっていないようです。

 

さすがに、「店舗検索」「お持ち帰り寿司」のページにも関連する話は出てこないだろうし、「メニュー」の中に店内BGMのメニューが書かれているとも思えない。

 

そこで目についたのが「くら寿司のこだわり」という項目。きっと、この中に「威風堂々」の話が出てくるはず。そう思ってクリックして見るとそこには

 

「おいしさ」「安心」「快適・楽しさ」の文字が。

 

おかしい。

「威風堂々」の文字が見つからない。他のページも一応見てはみましたが、どこにも「威風堂々」の文字は見当たりません。

「ENGLISH」にしてみても「IFUDOUDOU」の文字は見当たらないし、採用情報を見ても「応募条件」の欄に「とにかく堂々としている人」なんて記述はない。

 

とにかく、公式ホームページでは答えどころか、ヒントをつかむことすらできず。

 

答えはここにあった

「ネットでも答えが見つからないことはある」と諦めようとしたその時。ふとGooglが検索結果として表示している、youtubeのくら寿司に関する動画が目に入りました。

 

そして、答えはそこにありました

その動画がこちら。

お分かりになりますか?

結局、「北大路欣也の威厳」と、「モンドセレクションの威厳」をCMで表そうとした結果、「威風堂々」しかしっくりくる曲がなかった。→その結果、くら寿司の店内に仕方なく威風堂々が持ち込まれた。

ということです。

 

そして、今や日本の回転寿司業界でも飛ぶ鳥を落とす勢いのくら寿司は、「威風堂々、これからも寿司界に革命を起こしながら、突き進んでいく。」という意思のあらわれということのようです。(ブログを書きながら威風堂々聞きすぎて、くら寿司ってやっぱりすごいんだってなり、最後は全力でくら寿司にこびを売りにいった)

 

まとめ

このブログを書いていて、一番衝撃だったのは「くら寿司」は何度変換しても「クラスし」という教師目線の変換がなされるのに対し、ビッくらポンは一発で「ビッくらポン」と変換されたこと。

僕はくら寿司が大好きです。このブログみて、くら寿司行きたくなった方、一緒に行きましょう。

 

こんなくだらない記事をもっと読んでみたいという、おそろしく時間リッチなあなたにはこんな記事もおすすめです

 

こんなくだらない記事を最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です