グレートオーシャンロードへはレンタカーで行こう!借り方と注意点まとめ

どうもteriyakiです。

オーストラリアのメルボルンに滞在し、レンタカーでグレートオーシャンロードに行ってきました。そこで、何回かに分けてグレートオーシャンロードへのレンタカー旅の記録を書いておこうと思います。

今回は、とりあえずオーストラリアのメルボルンでレンタカーを借りる方法から。

スポンサードリンク

オーストラリアのメルボルンでレンタカーを借りた

グレートオーシャンロードに行くため、メルボルンでレンタカーを借りました。今回は2泊3日で借りました。

僕の場合はネットで予約、空港で受け取りでした。

メルボルン市内にはたくさんのレンタカー店があるので、わざわざ空港まで行かなくてもいいと思います。(なぜ、僕は空港で?お酒に酔って冷静な判断力を失っていたから)

ネット予約はエクスペディア

まずはネット予約です。僕は前日の夜に次の日にレンタカーが必要なことを思い出し、急いで予約。当時の僕はほろ酔いでした。

僕のように酔っ払いながらすると、気が大きくなって意味がわからない高級車を借りたり、近くにレンタカー屋がいっぱいあるのに空港で借りることになってしまうので、アルコール摂取前にレンタカーを確保することをおすすめします。

海外ではエクスペディアでレンタカーを予約することが多いです。

値段は?

2泊3日の5人乗りの車で、お値段しめて240オーストラリアドル(約20,000円)です。これにはいくら傷をつけても大丈夫!!(カウンターのお姉さんがそう言った)保険も込みの値段です。保険はつけなければ、約8,000円くらいでしたが、グレートオーシャンロードまで行くならつけたほうが安心です。

空港で借りるまで

さて、そんなこんなで当日。空港に到着後、レンタカー屋にて車を借ります。

今回借りたのは「Badget」という会社。メルボルンの空港のレンタカーは、空港駐車場の方に併設する形でカウンターがあり、そこで借りる形でした。

カウンターのお姉さんの英語が早すぎて、聞き取りに苦労しましたが、お姉さんはすごくいい人で笑顔で対応し続けてくれました。

鍵を受け取ったら指定された駐車場のスペースまで行って車に乗り込み、出発です。出口まで車を走らせると、傷のチェックがあり確認の紙にサインして、完了。ゲートが開いたらあとは目的地へゴー

必要なもの

今回レンタカーを借りるのに、必要だったものは国際免許証と、日本の運転免許、予約の際に使ったクレジットカードのみ

あとは必要に応じて借りた後にメールで送られてくるバウチャーが必要な場合もあるかもしれません。それ以外のものは必要ないと思われますが、予約後に送られてくるメールを参考にすると心配ありません。

日本の運転免許を忘れることが多いので、注意してください。

どんな車?

ちなみに今回借りたのは、オーストラリアのメーカー「ホールデン」の車でした。何やら重厚感のあるすごい車で、内装も革張り。高級車風の車でしたが、走りは日本車の方が当然良いかなという感じ。

ハンドルとアクセルが重く、慣れるまでは少し運転しづらい印象でした。

ちなみに、オーストラリアは日本と同じで右ハンドルで左側通行なので、運転はとてもしやすいです。暴走しているような車もほとんどいません。

まとめ

今回は、オーストラリアのグレートオーシャンロードへ行くためのレンタカーの貸し出しについてまとめてみました。

グレートオーシャンロードは、ツアーもありますが、じっくり楽しむためにはやはりレンタカー!!今回の記事を参考にレンタカーをゲットして向かってください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です