【驚きの透明度】グランセノーテにはいつ行く?準備から諸注意まで

スポンサーリンク

どうもビーチハンターteriyakiです。

今回は前回の続き、メキシコ カンクンの「グランセノーテ」の見所や楽しみ方をお伝えします。

グランセノーテを静かに、綺麗に楽しむなら。というか、日本人ならどの時間に行くのがオススメか。ぜひ、最後までご覧ください。

ちなみに前回の記事はこちら

グランセノーテのおすすめの時間帯、チケットの値段や諸注意

UNADJUSTEDNONRAW thumb 4c41

トゥルムからタクシーでグランセノーテに到着。グランセノーテは朝の8:10がオープンの時間。グランセノーテに到着したのが8:10。なんて華麗な到着なのでしょう。

それではいざ入場です。グランセノーテの入場料は、180ペソ(約1080円)です。ちなみにこちらのチケットは再入場不可。一度入ったら骨の髄までグランセノーテを味わってからの退場が肝。

僕と妻はなぜかチケットの読み取り部分が正常に作動せず、入場ゲートで足止めなんてこともありました。決して慌てて飛び越えてはいけません。冷静に行きましょう。

日本人が行くべき時間帯は?

UNADJUSTEDNONRAW thumb 4c5b

そんなこんなでグランセノーテへの入場を果たしたのですが、ふと周りに耳をすますと

日本語ばかり

おかしい。ここは、どこの国だ?セノーテってメキシコから日本に移転とかしたのか?「移転のお知らせ」みたいなのは無かったぞ。となるわけです。

どうやら日本人の旅人は事前に情報をしっかり調べて、「朝一でないと観光客が撒き散らす砂によって透明度が落ちる」という情報を掴み、朝一にちゃんと早起きしてくるそうです。

真面目か!!

そうです。そこが日本人の良いところ。いいですか?日本人の皆さん、上司に「メキシコどうだった?」と聞かれたら答えるべきはたった一言。

「朝イチのセノーテがとても良かったです。」

これで上司は、「こいつはリゾート地に行ったのにも関わらず事前情報をしっかり調べて、朝早起きして真面目に透明度の追求に全力を尽くしたというわけか。よし次のプロジェクトはこいつにしよう」となります。

 

話を戻します。とりあえず、凄く真面目な僕は、朝イチのグランセノーテに降り立ったわけです。

まずはシャワーを浴びましょう

さて、グランセノーテに入る前にはシャワーを浴びる必要があります。シャワーは冷水なので、天候によっては若干の修行的要素も盛り込まれますがセノーテの透明度を守るため、必ず守りましょう。

ちなみに、セノーテの施設の中にあるのはトイレとシャワーで更衣室は見当たりませんでした。いっそ水着で向かう方がオススメです。

ロッカーはセノーテへ降りる階段の先のフロントのようなところで30ペソで鍵を借りれます。この際にデポジットでIDがいるので気をつけて!!ロッカーの鍵の人質がパスポート。なかなかパンチ効いてるような気が。。

いざ、入水、これがセノーテの底力だ!!

トイレも済ませ、シャワーも浴びて、go pro構えてシュノーケルでいざ入水!!あ、泳ぎが苦手な人はライフジャケット50ペソで借りれます。

シュノーケリングで泳ぐとセノーテはその底力をまざまざと見せつけます。なんだ、この透明度、本当の意味で「底見えとるやないか」。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 4c4d

UNADJUSTEDNONRAW thumb 4c37

ん?

おい、どないなっとんねん!俺のgo pro の底力!!水中写真がぼやけまくって魅力が全然伝らへんやないか!!

実際は、こんな世界が広がっています。シュノーケルで底まで丸見えです。

8150181400 e282f96eca b

photo by edwardotis

セノーテの水中には亀がいて、結構近くまで寄れるので楽しませてもらえます。究極の透明度なので亀が間近に!!でも、僕のgo proはなぜかこんな捉え方しかしてくれません。。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 4c3d

結局セノーテにはいつ行く?

2018 01 26 06 45 05

朝イチでセノーテに行った結果、とても綺麗な透明度のセノーテが見れて、人も少なめ、落ち着いてセノーテを堪能できました。ただ、このシーズンの朝イチのセノーテは寒い!!

というわけで、

寒さを我慢してでも静かなセノーテで泳ぎたい。最高の透明度が見たい。どうしてもセノーテに一番乗りしたい。上司の信頼を勝ち取りたいって人は朝イチ

寒さはあんまり得意じゃないし、早起きも好きじゃない。正直上司とかいう概念はどうでも良いという場合は、昼前くらい

が良いのではないでしょうか。

結局、この日は昼前まで粘るも名物「光のカーテン」は観られず!!でも、ずっとテレビの中の世界だったセノーテに足を踏み入れることができて良かったです。改めてありがとう前田夫妻。

まとめ

ということで、グランセノーテの諸注意や楽しみ方などお伝えしました。僕個人としては、昼前にくると人が多いし、神秘的な雰囲気を味わってこそのセノーテだと思う(水たまりって言ったくせに)ので、朝早めがオススメです。

ちなみに、もう一つの有名なセノーテ「ドスオホス」にも行ってきたので、そちらも近々記事にまとめまーす!!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です