日本からフィリピンのエルニドへ!行き方の詳細徹底解説!

どうも、ワクワク追求夫婦のてりやき(@teriyaki44)です。

「神の創った最後の秘境」とまで言われるフィリピンの楽園「エルニド」。ターコイズブルーのビーチが点在し、周囲を50以上の無人島で囲まれたその場所はまさに秘境と呼ぶにふさわしい場所です。

しかし、秘境と呼ばれるだけあってアクセスは少し複雑です。今回は、「そんなエルニドへ日本から行ってみたい」と考えているあなたへ向けて、実際にエルニドへ行ってきた僕が行き方を詳しく解説していきます。

teriyaki
しかし、秘境と呼ばれるだけあってアクセスは少し複雑です。今回は、「そんなエルニドへ日本から行ってみたい」と考えているあなたへ向けて、実際にエルニドへ行ってきた僕が行き方を詳しく解説していきます。

日本からの経由地までの詳しい行き方はもちろん、国内線の飛行機の予約の方法や、注意点もまとめてみました。最後まで読んでいただけると幸いです。

 

スポンサードリンク



目次

この記事から知れること

・エルニドへの主な行き方

・日本からマニラ・セブ経由で飛行機だけを利用してエルニドへ行く方法

・AirSWIFTの予約方法や利用する際の注意点

・日本からプエルトプリンセサを経由してエルニドへ行く方法

 

それではいきます!!

 

エルニドの場所は??

2017 07 04 11 47 19

エルニドは、フィリピンの首都マニラの南西に位置する、南北の長さ397km、東西の幅が40kmほどの細長い島である「パラワン島」の北部に位置する小さな町です。

【地図で確認するとこのあたり】

ちなみに、エルニドのことについてはtripnoteさんのこちらの記事で詳しく僕が書いています

場所がわかったところで、早速日本からエルニドへの具体的な行き方を解説していきます

 

日本からエルニドへの主なルート

2017 07 02 16 04 34

細かい解説をして行く前に、日本からエルニドへのおおまかなルートのイメージをつかんでおきましょう。

日本からエルニドへの主なルート
①日本→(飛行機)マニラorセブ→(飛行機)エルニド

②日本→(飛行機)マニラorセブ→(飛行機)プエルトプリンセサ→(バンorバス)→エルニド

上記の2通りが主なルートです。

地図で見るとこんな感じです。

それでは、実際にそれぞれのルートについて詳しく解説していきますね

 

第1ルート マニラやセブを経由して、飛行機でエルニドへ行くパターン(おすすめ)

2017 07 02 16 10 34
teriyaki
こちらのルートは、飛行機だけを乗り継いで日本からエルニドへ向かうルートです。よっぽどの節約旅でない限り、日本からエルニドへ向かう際はこちらのルートを利用することを強くおすすめします。

 

①日本からマニラorセブへ

残念ながら、現在(2018年8月)日本からエルニドへ向かう直行便はありません。そのため、まずは首都の「マニラ」か、リゾート地として有名な「セブ」へ飛行機で向かう必要があります。

マニラへは、成田、羽田、関西国際空港から「フィリピン航空」をはじめ、「JAL」や「ANA」、LCCだと「セブパシフィック」などが直行便を運航しています。所要時間は、成田や羽田からですと約4~5時間。関空からですと、約4時間程度です。

 

セブヘは、成田空港や関西国際空港から「フィリピン航空」をはじめ、「ANA」やLCCの「セブパシフィック」が直行便を運航しています。所要時間はこちらもマニラ行きとほとんど変わらず、成田から約5時間。関空から約4時間半となっています。

※それ以外の空港からの直行便も就航しています。詳しく調べるにはスカイスキャナーを利用するのが便利です

 

②マニラやセブからはAirSWIFTを利用しよう

マニラやセブから、エルニドへはフィリピンの国内線を運航している「AirSWIFT(エアスイフト)」という航空会社を利用します。AirSWIFTのチケットの手配の方法や、詳細は、この後の項目で解説していきます。

 

マニラからエルニドへのフライトの詳細
所要時間:約1時間15分

費用:4900~7200php(約10240~15000円)(時期や、日によって変動あり)

セブからエルニドへのフライトの詳細
所要時間:約1時間40分

費用:4500~5100php(約9400~10700円)(時期や日によって変動あり)

※フライトスケジュールは日によって異なるため、後ほど航空券の取り方の部分で詳細をお伝えします。

 

AirSwiftに乗る際の注意点3つ

予約の取り方を実際に説明する前に、知っておいた方が良いいくつかの注意点があるので先に解説しておきます。

①乗り継ぎには5時間以上の余裕を持っておくこと

Airport 690556 1920

AirSwiftのホームページに記載されていることなので、必ず守ってください。特にマニラの空港は、国際線と国内線のターミナルのアクセスが悪く、荷物の受け取りなども必要になってくるため、5時間以上乗り継ぎの時間を確保しておきましょう。日本からの便が遅延なんて可能性も十分ありますからね。

 

②マニラやセブで1泊することも検討する

Hotel 1979406 1920

先ほど「5時間以上の時間の確保が必要」と書きましたが、日程的に許すならこちらの方がおすすめです。自力での乗り継ぎは本当に何が起きるかわかりませんからね。また、その方が日本からのフライトの選択肢も広がります。

teriyaki
せっかくフィリピンに行くならマニラの雰囲気を味わったり、セブでもリゾート気分を味わうってのもいいですよ〜

マニラやセブでの宿探しなら、Agodaがおすすめです

 

③荷物の重量制限に注意が必要

Passport 2733068 1920

AirSwiftの預け入れ荷物の制限は10kgまでです。日本からマニラやセブへ向かう航空会社が、それ以上である場合ついついうっかり重量制限をオーバーしてカウンターに行ってしまうことになりかねないので、そのことをふまえてパッキングをしてくださいね。

※追加料金を払えば、重量オーバーの荷物でも預け入れが可能です。詳しくは予約方法の項目で説明しています。

teriyaki
機内持ち込みの制限も7kgなので、そのことも必ず頭に入れておいてくださいねー

補足

APULIT Island resortに宿泊される方は、マニラを14:00に出発する便と、8:00にエルニドを出発する便は、リゾートへのボートのタイムスケジュールとの関係で、避けた方がいいそうです。

AirSWIFTのホームページに記載されている情報ですので、ホテルが該当される方は注意してください!

 

AirSWIFTの予約の取り方

スクリーンショット 2018 08 08 13 04 14

さて、注意点を確認したところで、AirSWIFTの予約手順を画像付きで解説していきます。英語サイトですが、聞かれることや、入力しなければならないことは簡単なことばかりなので、この手順をよく読んでチケットを手配してくださいね。

 

①AirSWIFTのホームページへ

ちらからホームページへアクセスできます。

 

②トップページをスクロールさせ、「Book a FLIGHT」の各項目に詳細を入力(それぞれの項目は画像参照)

スクリーンショット 2018 08 07 9 38 17

※エルニドはWi-Fi事情があまり良くないので、往復で購入することをおすすめします

 

③フライト一覧から乗りたい時間帯を選択する

Screencapture awan sqiva app ibe airswift search flight 2018 08 07 09 48 45

ここで、ようやくその日のフライト情報がわかります。しっかり確認して都合の良い時間帯を選択しましょう。

ちなみにこちらに表示されている重要事項は先ほどの注意点で、説明した内容です。

 

④搭乗者の情報を入力する(各項目は画像参照)

Screencapture awan sqiva app ibe airswift passenger 2018 08 07 13 18 19

日本語で解説していない項目は入力の必要はありません

超過・追加のカバンがある場合は真ん中の欄を選択して重さを選んでください。

値段:5kg超過 120php(約250円)

10kg超過 200php(約420円)

 

⑤保険をつけるかを選択する

保険が必要な場合は、チェックボックスを選択しましょう。必要ない場合は、チェックをいれずに「Continue」のボタンを押せば先に進めます。確認のメッセージが出るので、自分の選択に間違いがなければ「YES」を選択して先へ進みましょう。

 

⑥座席を選択する

Screencapture awan sqiva app ibe airswift reserved seat 2018 08 07 13 20 20

続いて、座席を選択します。ちなみにこの画面では青いシートを選択すると112php(約230円)黄色のプレミアムシートを選択すると224php(約470円)が追加でかかります。

赤のシートは、すでに予約で埋まっている席、灰色のシートは予約できないor乗る飛行機には存在しない席です。自分が選択したシートは緑で表示されます。

座席にこだわりがなく、お金をかけたくない場合は左下の「Skip seat selection」のボタンをクリックすれば座席選択なしで次のページにうつれます

 

⑦入力した情報と値段を確認する

Screencapture awan sqiva app ibe airswift payment 2018 08 08 11 03 35

トータルの値段の詳細が出ますので、問題なければ「Pay Now」をクリックして支払い画面に進んでください。

 

⑧利用するクレジットカード情報を入力する

Screencapture pesopay b2c2 eng payment payForm2 jsp 2018 08 07 13 21 47

ページが切り替わるので、自分が支払うクレジットカードの会社を選択します。(ロゴをクリック)

※クレジットカードの場合、VISAかMasterでの支払いが可能です。

その後、上の画像のようなクレジットカード情報の入力ページへと切り替わりますので、必要な情報を入力していきましょー。全て入力し終わったらsubmitを押すと支払いが行われます。

これで予約が完了です!!

 

実際にAirSWIFTを利用して、エルニドへ行ってみた

2017 07 05 12 38 35

僕と妻は実際にAirSWIFTを利用してエルニドへ行きました。セブに滞在中のことだったので、セブの空港から向かいました。

5時間前との注意書きを見て、ビビって5時間前に空港に行きましたが当然チェックインカウンターはまだ空いておらず。。そりゃそうですよね。乗り継ぎの時間も含めての5時間前ですもんね。。

 

チェックイン時に荷物がオーバーしているというハプニングにみまわれるものの、カウンターのお姉さんはとても優しくて妻のカバンに少し余裕があったので、そちらに移し替えるよう提案してくれてなんとなか超過料金を払わずにすみました。

 

teriyaki
航空会社のスタッフの方々は全員がとても丁寧な対応でした。海外って、航空会社によっては結構適当な対応をされたり、愛想がとてつもなく悪かったりということもありますからね。。

 

チェックインをすませると、シールのようなものを貰いそれを胸元につけておくように言われます。どうやらこれが、AirSWIFTの搭乗者の目印のようです。

登場時刻までしばらく時間があったので、ご飯を食べたり、搭乗口前でぼーっとしていると、何やらスーツの男性が声をかけてきました。まだ、登場時刻になっていないが、全員揃ったので登場でき次第出発するとのことです。

 

2017 07 02 14 23 19

飛行機の搭乗前には紙袋を貰います。中には、ジュースとサンドウィッチとチョコのお菓子が。どうやらこれが機内食のようです。飛行機に乗ってから食べましたが、これがものすごく美味しい。特にチョコのお菓子が美味しかったですよー。

 

2017 07 02 14 37 50

飛行機は小型のプロペラ機でしたが、機内は快適で、キャビンアテンダントの方も笑顔が素敵なとても愛想の良い方でした。この日は、座席の3分の1も埋まっていないくらいの乗客数でした。

あとは、窓から見える綺麗な海を眺めながらエルニドへ向かいまーす!

 

エルニド空港から町へのアクセスは?

2017 07 02 16 17 32

エルニドの空港はとても小さいので、飛行機から降りたら歩いて出口へ向かいます。バックドロップで荷物を回収したら、そのまま空港の出口へ。ここで、高級リゾートにお泊まりの方は迎えの人がお待ちのはずです

安宿に宿泊する場合は、迎えはありませんが空港の出口にはトライシクル(バイクと乗るところがくっついたフィリピンのお得な移動手段)がたくさん待っていますので、運転手と交渉すれば宿まで連れていってくれますよ。値段の相場は、、忘れました。ごめんなさい。

 

出口にトライシクルがいなくても、しばらく待っていれば必ず来ます。もしくは近くにいる職員に声をかけると呼んでくれますので、確認してみてください。

 

第2ルート プエルトプリンセサからバンやバスでエルニドを目指す方法(安く行きたい人へ)

もう1つのルートが、エルニドがあるパラワン島の中心部「プエルトプリンセサ」を経由して、バンやバスを使って、エルニドを目指す方法です。

こちらの方がトータルは安くつきますが、移動時間はかなり長めとなります。

 

teriyaki
こちらの情報は、僕は実際に経験していないので、ネットから収集してきた情報を元に書いています。あくまで参考として読んでくださいね。

 

日本からマニラかセブを目指す

ここまでは先ほどと同じですので割愛します。

 

マニラかセブから国内線でプエルトプリンセサへ

【プエルトプリンセサの場所はこちら】

エルニドのあるパラワン島のほぼ中心。エルニドは北側に位置していますよー!

 

こちらの区間では「フィリピン航空」をはじめ、「セブパシフィック」や「エアアジア」などのLCCも就航しています。

 

時間帯など、詳しく知りたい方はスカイスキャナー
で希望の日程で、検索してみることをおすすめします。この飛行機代がAirSWIFTと比べて安く抑えられれば、お金はかなりうくことになりますね。

 

プエルトプリンセサからバンorバスでエルニドを目指す

プエルトプリンセサに着いたら、バスかバンでエルニドを目指します。

プエルトプリンセサ〜エルニド 詳細情報
所要時間:バンで5~6時間、バスで6~10時間

費用:400~700php(約835~1460円) 値段は変動の可能性あり

 

まとめ

Philippines 3199605 1280

今回は、エルニドへの行き方を詳しくお伝えしましたがいかがだったでしょうか?

エルニドの海は本当に綺麗で、そこで見られる光景はまさに秘境そのもの。絶対足を運ぶべき場所ですので、この記事を参考にぜひエルニドを訪れて見てください!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です