クロアチア ガイドブックに載っていない穴場観光でワクワク

どうもteriyakiです。ワクワクする旅のご提案。僕らが旅したクロアチアのチャコベツという町をご紹介します。

ガイドブックに載っていない穴場の町で静かにゆったり観光したい人に心からおすすめです。

 

我々夫婦の実際の旅はこちらから

 

 

ガイドブックに載っていない穴場に行きたい

ガイドブックに載っていない場所に行ってみたい。これは旅好きな20代女子がよく口にするセリフ

とはいえ、人と違うことしたい願望は誰にでもあるもの。今回はそんな皆様に適したクロアチアの穴場をご紹介です。

スポンサードリンク



おすすめはチャコベツ

そんな穴場の名前は「Čakovec(チャコベツ)」。クロアチアの北の方にある町なんです。葡萄栽培などの農業や狩猟でも有名なこの町は、まさに穴場。綺麗な町並み。でも人は少なめ。ヨーロッパらしくクロアチアらしい町並みが残るのがこの町なんですよ。

チャコベツを旅してワクワクする方法

町並みを堪能する

チャコベツの中心地にはこんな町並みが広がります。人は少なめで、夕方の散歩が最も適しているといえるでしょう。

注意点は、カップルだと全然大丈夫だけど、独り身には辛い雰囲気であること

静かな美しい町並みで一人静かに佇むと、もう自分は一生愛する人になんか出会えないんじゃないかという謎の確証を得て、すごく切なくなること間違いなし。気をつけましょう。

 

チャコベツの観光名所の謎を解く

チャコベツには有名(?)な観光名所が3つ。

城と

ミュージアムと

公園と。

これらの観光名所、一ヶ所に固まっております。

場所はこの辺

公園の中を歩いていると、城とミュージアムがいきなり現れる!!ですが…、一体これは何のミュージアムなのか?この城がどういう風に作られて、どんな役割を果たしたのか?公園ではどんな遊び(鬼ごっこやかくれんぼなど)が人気なのか?全ては謎に包まれたまま

ネット検索しても情報がでてこない。正確に言うとクロアチア語すぎて解読できない

この記事では一旦謎は謎のままにして、皆さまの足と目で実際に謎を解きに行かれるのはいかがでしょうか?不思議なモニュメントや、城に残されたクロアチア語の看板を解読し、名探偵コナンばりにその辺のクロアチア人を麻酔針で眠らせて、推理合戦を繰り広げてみてください

 

カフェブラジルを探す

砂糖に注目

ここチャコベツにあるのが、カフェブラジル。「ブラジル」をカフェの名前に施すからには、よっぽどブラジル好きの陽気なおじさんがやっているのかと思いきや。

 

ブラジル感は、オイルヒーターに控えめに描かれたブラジル国旗のみ。コーヒーもヨーロッパのエスプレッソ。働いているお姉さんも、金髪のクロアチア人。店の内装もとてもヨーロッパ的。

 

一体なぜここを「ブラジル」と名付けたのか。。その答えはトイレにありました。隣のおじさんが気になりすぎて、便器の写真を撮れなかったことが悔やまれますが。。

男性用の小便器の中には、芳香剤のサッカーゴールとブラジルの国旗の描かれたサッカーボール(これも芳香剤)がありました。

 

サッカー→ブラジル

までは許すとして、そこからどう小便器に発想が移ったのかは謎ですが、わずかなブラジルを探しに、カフェブラジルへ。ぜひ行ってみることをおすすめします。場所はあえてここには載せません。。

まとめ

クロアチアの穴場で、謎解き。ついでにブラジルの謎に思いを馳せる。

「ガイドブックに載っていない穴場に行きたい」と女子大生みたいなことを言ってみたら、こんなワクワクが待っています。

ふざけたこといっぱい書いてますが、夫婦で、カップルで、のんびりとした雰囲気を楽しみに行くのに適した穴場がチャコベツです。ぜひ、足を伸ばしてみてくださいね!!

行き方など詳しい情報は、夫婦の旅日記で紹介しております

夫婦の旅日記はこちら

 

それでは、みなさま今日もワクワクする一日を。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です