ベルリンの壁とソーセージと私

スポンサーリンク

どうもteriyakiです。コペンハーゲンのダンキンドーナツで宿のチェックインまで時間を潰しがてらブログ更新。通過は「クローネ」 そうです。「ケーニヒス」です。何が?

 

宿をチェックアウト

9月28日(木)

ホステルで気持ちよく朝を迎えて、朝ごはんへ。なんとこのホステル、朝ごはんが劇的に豪華。

ベーコン、ハム、ソーセージ、ハム、チーズ、パン、ハム、からの〜違う種類のハム。ヨーグルトにフルーツもあるよ。コーヒーはお代わり自由だよ!!

朝のバイキングほど楽しいものはない。この世の楽しいことランキングで「秋の川辺でBBQ」の次に入るのがホテルの朝ごはんバイキングです。あ、昨今はブッフェというそうです。ブッフェ。

という訳で、チェックアウトギリギリまで朝ごはんを楽しみ、慌ててパッキングしてチェックアウト。

ベルリンの壁とソーセージと私

ベルリンの中心地「friedなんとか」にやってきてカフェで作業したあと、ベルリンの壁に。この日keruはあまり体調が優れずなんとかカフェでお留守番。置いて行く旦那。

ぐへへ、これでソーセージ独り占めだぜと思って店をでる。薄情な私。

 

ということで、ベルリンの壁を見に「ostbahnhof」駅へ。ここの駅を降りるとすぐにベルリンの壁にアクセスできます。ベルリン観光には欠かせない駅。しかし、発音が難しい。

オストバーンホッフ?ホッフってなんだ、ホッフって?そもそもこの発音であっているのか?

今やベルリンの壁には絵が描かれ、アートと化しています。これを見て、神戸の鷹取にある高架下の絵を思い出したのはここだけの話。で、ここでピンときたんですね。

インスタ映え

そうです。現代の若者の大好物インスタ映え。私の普段のインスタのテーマは「いかにインスタ映えしない写真を載せられるか」なんですが、ここに来たからにはしょうがない。だって放っておいても映えてしまうんだもの。僕も「いいね」とか欲しいもん。

という訳で、インスタ映え大作戦に取り掛かる。だいたいこういうのは、カメラを斜めとかに向けて写真を撮るとかすればいいんだろ?そうだろ?

DCIM100GOPROGOPR2584.JPG

 

5分で飽きた…

そもそもインスタ映えっていうのは、おしゃれな被写体と今時のイケメンや美女が同時に写真に写り込んでなせる技であって。国籍不明のぽっちゃりヒゲがどれだけ頑張ろうとなせる技ではない。

そうこうしていると、今や一番の人気スポットにやってきた。概念を覆された…

おっさん二人がキス。本来、想像に堪え難いその絵は絶妙におしゃれでインスタ映えしている。言い訳でした、すいません。僕もこれからどうしてもインスタ映えしたくなったときは世界の中年男性捕まえて、熱いキスを交わしたいと思います。そのときは全力の「いいね」ください。

 

その後、事前に調べていたカリーヴゥルストの店へ行こうとしたら、目に入ったのが別のカリーヴゥルストの店。その名も「currywurst express」

「うまい、早い、安い」の吉野家育ちの私からすれば、expressなどと「早さ」を売りにしている店は美味いと相場が決まっているのだ。入らないわけにはいかない。妻が待っていようと、この後もう一軒のベルリンっ子大絶賛のカリーヴゥルスト屋に行く予定があろうと入らないわけには。

 

 

美味しかったー

ちなみに値段はポテト、コーラつけて4.9ユーロ。いろんなセットがあってお得ですよ。おすすめ!!

そして、約束のもう一軒(誰との約束?)電車を乗り継いでたどり着いたのがこちら

画像が横向きなのはご愛嬌。

ベルリンっ子も黙る。カリーヴゥルストの名店「コノプケ」再びカリーヴゥルスト。こちらはベルリンの中心地「アレクサンダープラッツ」からU2に乗って「Eberswalder」で降り、高架下を少し歩くとたどり着きます。

しかも今回はレジのおじさんのいうことの全てイエスマンでいたら、ポテトがついて、ビールもついて、ケチャップにマヨネーズもかかって出てきた。これで、5.6ユーロ

 

 

美味い…がさすがに30代の胃袋。二件続けてジャンキーで少し気持ち悪くなりながらも完食。。

 

その後、無事にkeruの待っているカフェに戻り合流して夜行バスでベルリンからさよーなら!!

 

今回の夜行バスでも、壮絶な戦いが、その話はまたどこかで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です