ゾンビと幽霊の違いを納得した日

スポンサーリンク

みなさんいかがお過ごしですか。keruです。

1人旅2日目は、モンパルナス墓地へ。

モンパルナスの駅から歩いて5分ほど。

塀に囲まれた墓地へ入ると、外の車の音が遠のき、葉が風にそよぐ静かな空間に包まれます。

歴史的な重要人物や、映画監督など知る人ぞ知る人々が眠っている場所らしいですが、聞いても私は誰のことかわからず…。

それでも、お墓に添えられた花々や、刻まれた言葉を見ていると、人々に愛された人たちが眠る場所だということが伝わってきます。

先祖代々のお墓もたくさんあって、それは日本と同じなんだなと妙な親近感を感じながら歩くこと1時間。

ふと、私の脳裏によぎったのは…。

 

ゾンビがお墓から出てくるシーン。

日本は火葬するので、お墓に現れるのは魂の化身。足のない幽霊。でも、土葬文化では、お墓がぎぎぎと開いて現れる朽ち果てた体を持つゾンビ。

確かに、ここから現れるのは幽霊じゃなく、ゾンビよなぁと変に納得してしまいました。

頭の中で流れているのは、もちろんマイケルジャクソンの”スリラー”

ミュージックビデオのエンドレスリピートです。

 

さて、この日の私の最大の目的は…クレープ!!!

この墓地の近くに、クレープ屋さんが並ぶ通り(モンパルナス通り)があるということで訪れたと言っても過言ではありません!!

ということで、クレープ通りに…。

結構お店が閉まっている。

時間が悪かったのか、曜日が悪かったのかは定かではありませんが、閉まっているお店が多かったのですが、ステキなムッシュが1人で切り盛りしているお店を発見!入ってみました。

次なる問題は、メニューがフランス語すぎてわからない…。

必死で見ると、”○○ドュ・オランジュ”みたいに書いてあるのを発見!

きっとオレンジソースがかかっているはずです。勇気を出して注文してみました。

しばらくして、ムッシュが持ってきてくれたのがこれです。

実は、目の前でフランベしてくれて、この直前までメラメラ燃えてたんですが、

凝視しすぎて写真を撮り忘れてしまいました。残念。

お味は、お酒の効いたビタースウィートな大人味。オレンジピールの苦みとバニラアイスの甘さが絡み合い、リキュールと共に芳醇な香りが口の中で広がります。(食レポ風)

要は、とてもおいしかったです!!

この他にも、フリマ的な市場が通りに出ていて、骨とう品や古着が売られていたりと、なかなか見どころ満載でした。

モンパルナスタワーという近代的なオフィスビルを有しながら、古い街並みも残るモンパルナス地区。

1人でのんびり時間を過ごすのにおすすめの場所です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です