【旅ハック】海外の運転に必要な手続きと準備は?国際運転免許の申請について

スポンサーリンク

どうもteriyakiです。今回の「旅ハック」は、海外での車の運転について事前に知っておきたい基礎知識についてまとめてみました。

海外旅行に行って運転する際に、どんなものが必要で、どんな手続きを事前にしておく必要があるのか、ぜひ記事を最後まで読んで参考にしてみてください。

 

海外での運転に必要なものは?

そもそも、海外で運転するときに必要なものって何でしょう?海外での運転の際に必要なものは、主に2つです。

①日本の運転免許証

②国際運転免許証

後ほど国際運転免許証については詳しく説明しますが、国際運転免許証は基本的に日本の運転免許証とセットで有効になりますので、海外の運転免許証を取得しても、日本の免許証も必ず忘れずに海外に携帯してくださいね

ただ、これはあくまで「ジュネーブ条約」といって国際運転免許証で運転できる条約に加盟している国の中の話

加入していない国では、そのほかの書類が必要だったり、そもそも運転が禁止されていたりということもあります。

自分の旅する国が、ジュネーブ条約に加盟しているかはこちらのサイト(警視庁のサイト)で確認できます。

ちなみに、この件についての詳しいことはこちらのサイトの情報も参考になります

確認は必要ですが、多くの日本人が旅して、国際運転免許証が認められている国は、上記の2つのものがあれば、旅先でレンタカーなどを運転することは可能です。とにかくまずは上記2つの免許証を用意しましょう。

 

国際運転免許証はどうやって取得する?

国際運転免許証の発行と聞いて「また免許取得のテストがある?」なんて思われる方もいるかもしれませんが、取得の方法はとても簡単です。日本の運転免許証がある場合は、簡単な手続きで取得が可能。申請者の住所地の公安委員会が発行することになっています。

必要な書類は以下の通り

1:国外免許証交付申請書
2:外国に渡航することを証明する書類(パスポートや航空チケットなど)
3:現在交付されている免許証
4:免許証用写真( 申請前6ヵ月以内に撮影した無帽、正面、無背景で、胸から上が写っているもの(大きさ5.0×4.0cm)

申請場所や時間、その他必要な書類などについては、各都道府県の警察や運転免許センターに問い合わせるなどして事前の情報収集をおこなってください。

 

注意点をいくつかまとめると

ちなみに、国際運転免許に関する注意点として

①免停や免許取り消しの人は申請できない

②有効期間は1年間であること

があげられます。

①は当然のことですが、②に関しては長期の世界一周などに出かける場合は注意が必要です。ちなみに再申請を行えば、特に申請に問題ない場合、何度でも交付を受けることが可能です。

 

まとめ

さて、今回は旅先での運転についての必要な事前準備についてまとめてみました。海外での運転はハードルが高そうに思えるかもしれませんが、情報を知ってしまうと意外に簡単です。

もちろん油断は禁物ですが、旅先でレンタカーなど利用できると行動範囲がぐっと広がるので、今回の記事を参考にぜひ旅前に必要な準備を済ませてから出発してくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です