チェコ プラハ カレル橋にはフランシスコザビエルがいる

どうもワクワク追求夫婦のteriyaki(夫)です。

ワクワク追求夫婦とは?

今日紹介する旅リストは 「チェコのカレル橋でザビエルを探す」

チェコにある有名な観光名所のカレル橋には、ザビエルがいるらしいという噂を聞きつけて行ってまいりました。

カレル橋とは?

チェコのプラハ、旧市街のある東側とプラハ城のある西側を結ぶ橋のこと。1402年に完成した橋で、チェコのプラハをがっつり観光すると必ずや一度は渡ることになろう橋でございます。ちなみに全長520。結構長い橋なのです

ザビエルがいるらしい

橋の左右には、数多くの像が立っています。

これらは歴史的に有名な聖人で、その中にはフランシスコ・ザビエルの像もあるらしいのです。

 

ザビエルを探せ

ザビエルフェチのkeru(妻)が、この噂を聞きつけ、僕たち夫婦は実際にザビエルを探しに橋まで行ってみました。

西側から東側へ

僕たちは、ストラホフ修道院図書館から橋を目指したので、そこから旧市街に向けてアクセス。橋の西側から東側の旧市街に向けて、橋を渡ります。

橋を渡り出すと、早速いたるところに聖人たちの像が!!

こんだけいれば、ザビエルもすぐ見つかるだろうと余裕で像の一つ一つを確認。

問題発生

ここで、問題が発生。

 

像が多すぎて、どれがザビエルか全然わからん

 

僕たちのイメージの中では、ザビエルは頭頂部をはげさせ剃り、手をクロスさせて斜め上を見つめています。しかし、ザビエルだって四六時中あの格好でいるわけにはいきません。

どうやら今回のザビエルは日本ではおなじみのあのポーズを取ってはくれていないらしい。像はたくさんけれど、どれがザビエルだかわからない。

結果

ザビエルがどれかわかりませんでした。

 

「これがザビエルかなー。いや少し太りすぎやろ。」

「これがザビエルかなー。いや、これ女性やん。」

を繰り返しているうちに、段々どうでも良くなってくることが判明しました。

 

ザビエルさんはこれ

後から調べたところによるとザビエルさんは「天に金色の棒のようなものを突き上げている像」らしく、その周りを多くの人々が囲んでいるそうです。

(そうです、どれかわからなかったので写真がないんです。。)

 

何やらウォーリーを探せの様相を呈してきました。

その他の見所

もちろん、橋にはザビエルさん以外にも見所がたくさん。

橋からの眺め

橋の上に立ち、川を眺めるといろんな景色が見えます。プラハ城や、水鳥たち。そして川越しに見える旧市街など。特に、橋から見えるプラハ城は威風堂々。近くでみるのもいいですが、ここから見る姿も乙なもんです。

橋塔

旧市街側の橋の入り口に立つ橋塔。威風堂々ですごく立派。これもかなり見応えあります。

photo by: Kostas Limitsios

基本情報

場所と行き方

最寄駅は、地下鉄A線Staroměstská。そこから歩いて5分ほどです。旧市街地からも歩いて10分かからない程度なので、観光の中で立ち寄ることをオススメします。

その他

入場料:橋なのでかかりません。

所要時間:20分程度

まとめ

今回は「カレル橋でザビエルを探す」を旅リストにあげてみました。

僕たち夫婦は、ちゃんと見つけられませんでしたが、皆さんは事前に情報を収集してザビエルさんを探しに行ってみてください。

橋からの眺めや橋塔も迫力があって、なかなか楽しめる橋となっています。プラハ観光の途中でぜひ、訪れてみてくださいね!!

 

今日もワクワクの一日を。

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です