【アルゼンチン】マルデルプラタシーズン外のビーチは散歩にぴったり

どうも海が大好きteriyakiです。今回の記事はアルゼンチンのビーチリゾート「マルデルプラタ」の海沿いを歩いてみた時のことについて書いてみようと思います。

マルデルプラタの海沿いは、ヨーロッパの海沿いに似た雰囲気の渋い海でした。

 

そもそもマルデルプラタとは?

まずは、簡単にマルデルプラタのご紹介から。マルデルプラタはアルゼンチンの中で7番目に大きな都市で首都であるブエノスアイレスから南西に約400kmに位置します。

観光業が特に盛んで、シーズンの12月〜2月だけで200万人がバカンスに訪れる人気リゾート地で、このシーズンはブエノスアイレスが丸ごと引っ越すといわれるほど。

また、漁業も盛んでアルゼンチンの漁獲量の7割を誇る港があるのもこの街なのです。

 

ちなみに、ブエノスアイレスからのバスでの行き方はこちらの記事で詳しくまとめています

 

実際にマルデルプラタの海沿いを歩いてみた

というわけでマルデルプラタに到着後、早速気になる海沿いを歩いてみました。

 

初日に歩いたビーチ

マルデルプラタの滞在は2日だったので、1日目はホテルから近い海沿いを歩いてみることに。

スタート地点は「playa punta lglesla」というビーチ。そこから「torreon del monje」という場所まで歩きました。

地図でいうとこの辺りになります

ビーチの様子

全体的なビーチの様子は、どこも同じ。シーズン外ということもあり、海水浴や日光浴を楽しんでいる人はごくわずか。

 

海の様子

ビーチは砂浜が全体的に曇り空のような色の土。波が結構あるので、土を巻き上げた海水は濁っていました。でも、近くでみると透明度はなかなかのもの。決して汚いわけでなく、土の色が混ざっているという感じです。

 

波があるので、海水浴にはあまり適さず水温も基本的には冷たいようです。どちらかというと南米のビーチは海水浴というよりも「日光浴」や「海辺でのんびり」を楽しむスタイルであることが多いです。こちらのビーチもそんな雰囲気でした。

 

ちなみに、ビーチにはライフセーバーはいますので海に入りたくなっても安心です。ライフセーバー小屋から海を眺めるライフセーバー。彼らは年中ここにいるのでしょうか?

 

海沿いの遊歩道ではアルゼンチン人が思い思いに時間を過ごす

海沿いには、遊歩道があり海を眺めながら散歩をしたり、ベンチに腰掛けておしゃべりなどして過ごしている地元の方がたくさん。

 

アルゼンチンらしい音楽とタンゴ

しばらく散歩していると、遊歩道には人が集まり、輪の中には金色のマイクスタンドで高らかに歌うおじさまが。歌のうまさに立ち止まり、よく見ると、どうやら歌はスピーカーから流れてきているらしく、真ん中で金のマイクスタンドを振り回すおじさんは「エアーボーカル」!

そんなエアーボーカルの音楽を聞きながら、周りのおばさまがたは踊らずにはいられないといった雰囲気で身体を揺らします。そうこうしているうちにいつの間にかペアになってタンゴを踊り出すカップル(?)まで。さすがタンゴが有名なアルゼンチン。海辺でアルゼンチンタンゴがタダで見れるとはラッキーです。

 

まるでベニスビーチ?!スケートボーダーが集う公園

さらにこちらの遊歩道で気になったのが、ロサンゼルスの有名なビーチ「ベニスビーチ」を彷彿とさせるスケートボーダーパーク。

ベニスビーチの記事はこちら

多くのローカルスケーターが集い技を磨いています。観光客はベニスビーチほど多くはありませんが、そのすべりっぷりはお見事。ぜひ、海辺で技を競うスケートボーダーを観察してみてください。

 

シーズンの盛況ぶりを暗示するビーチパラソル群

遊歩道からはビーチに多数並ぶビーチパラソル群を観察することも可能です。シーズンには本当にここがいっぱいになるのかと驚く数のパラソルと椅子が並んでいます。

次のシーズンがやってくるのを、海を眺めながら静かに待つパラソルもまた趣があっていいもんです。

 

ビーチ歩きのゴールは、歴史的な雰囲気の建物を利用したレストラン

この日のビーチ歩きのゴールは「torreon del monje」という場所。ヨーロッパの海沿いにありそうな歴史的な建物が現在はレストランとして利用されていました。荒波が堤防に襲いかかる様子と見事にマッチして、眺めるだけで雰囲気に浸れる建物です。

 

スペイン語が全くできないので、こちらの建物がどういう意味や歴史をもつのかはわかりません。誰か知っているかたがいればぜひ教えてください。

 

まとめ 情緒ある海歩きのできる場所

今回は、マルデルプラタのセントロ(中心街)近くのビーチ歩きのリポートでしたがいかがだったでしょうか?シーズンを外すと、海でのお楽しみは減りますが、その分ゆったりとシーズン外の趣のある景色を眺めながら散歩が可能です。

皆さんもブエノスアイレスから足を伸ばしてマルデルプラタの海沿い歩きいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です