ケアンズの海は泳げない?!ケアンズでの海の楽しみ方を解説します

どうもteriyakiです。

今回は、オーストラリアケアンズの海事情と街中のプールについてのお話です。実はケアンズに行っても海で泳げないってご存知でした?

 

ケアンズについて

まずは簡単にケアンズの情報から。ケアンズはオーストラリアのファーノースクイーンズランドの中心地です。海は世界遺産でみなさんにもおなじみの「グレートバリアリーフ」。そして、山も「クイーンズランドの湿潤熱帯地域」として世界遺産に登録されているという、雄大な自然に囲まれた街なんです。

日本からは直行便で約7時間半と比較的手軽に行ける海外旅先としても人気ですよね。

 

ケアンズには海がない?!

そんなケアンズですから、みなさんの中にはケアンズに行って泳ぎたいという気持ちが強い方もいらっしゃるかもしれません。でも、実はケアンズの中心部には泳げるビーチがないんです。

グレートバリアリーフはどこに行った?!なんて思われる方もいるかもしれませんが、グレートバリアリーフへのアクセスは基本的に船。沖にでる必要があるため、ケアンズの街から泳いでグレートバリアリーフを堪能というわけにはいきません。

 

ケアンズ中心部の海は基本的に干潟で、泳ぐのには適していません。そんな事情からケアンズ中心部には海がないんです。

 

がっかりしたあなたに朗報!ケアンズで海を楽しむ方法

ケアンズに海がないことを知りがっかりしたあなた。「やっぱり旅先の候補からケアンズは除外だな」なんて思わないでくださいね。確かに中心部にはビーチがありませんが、実はケアンズ流の海の楽しみ方があるんです。

また、足を伸ばせば素晴らしいビーチにも訪れることも可能です。海好きにとってのケアンズの印象が悪くなると困るので、ここからは全力でケアンズで海を楽しむ方法をご紹介していきますね。

 

ケアンズ市内にあるエスプラネードラグーンに行こう!

まず1つ目のケアンズでの海の楽しみ方、それは「エスプラネードラグーン」に行くという方法です。

「エスプラネードラグーン」とは、ケアンズ市内にあるプールの名前。ケアンズのメインストリートであるエスプランードストリートに突如出現する巨大プールなのです。ここはトリニティー湾に面しており、まるでインフィニティープールのようにケアンズの海を楽しみながら水遊びや日光浴が可能です。

しかも入場料は無料。芝生や人工でいれたれた砂浜もあり、ロッカーにトイレまで。ある意味ビーチよりもくつろげる環境の揃ったこちらのプールでケアンズのビーチライフを最大限楽しむのがケアンズ流の海の楽しみ方です。

詳しくは、僕が以前にtrip noteでまとめた記事がありますのでそちらをご覧ください!

 

ケアンズのエスプラネードボードウォークを散歩する

ケアンズの海は確かに泳ぐことはできませんが、海沿いの散歩には最適な海があるんです。それが「エスプラネードボードウォーク」。先ほどご紹介した、エスプラネードラグーンから続くストリートの海沿いは散歩道として整備されており、公園も続きます。

特におすすめの時間帯は、夕方。ゆっくりと海に沈みいく夕日を眺めながらのんびりお散歩。干潟に集まる鳥を観察してみたり、座っておしゃべりしてみたり。犬の散歩やランニングなどしている人も多く、なんともオーストラリアっぽい、ケアンズらしい雰囲気が漂います。

僕はこのエスプラネードラグーンを散歩して、世界一周最初の滞在地だったにも関わらず、ずっとここに住みたいと思ったほど。

ぜひ皆さんもエスプラネードボードウォークに訪れて、海の匂いを感じながらゆったり散歩してみてくださいね。

 

足を伸ばしてビーチへ

photo by fifikins

さて、ケアンズにはビーチが無いと書きましたが、あくまで中心部にビーチが無いだけで、少し足を伸ばせば素晴らしいビーチがあるんです。特にケアンズの北側の海沿いには素晴らしいビーチが広がります。

ケアンズからバスで15分ほどでアクセスできる「ヨーキーズ・ノブビーチ」や、こちらもバスや車でアクセス可能な「トリニティービーチ」などが有名です。

また、そこからさらに北側の「パームコーブ」や「ポートダグラス」はリゾートとしても人気が高く、そこからアクセスできるビーチもゆったりとした時間を味わえる極上ビーチです。ちなみにグレートバリアリーフに行く場合は、こちらのポートダグラスからボートに乗ってのアクセスが一般的。

ポートダグラスの街自体が魅力的なので、ゆったりビーチを楽しみたい人やグレートバリアリーフを満喫したい方などは、そちらへの滞在も考えてみても良いかもしれません。

 

まとめ

今回はケアンズの海事情と、ケアンズで海やビーチを楽しむ方法をお伝えしましたがいかがだったでしょうか?オーストラリアケアンズは日本からのアクセスも便利な旅先。

ぜひケアンズ流の海の楽しみ方で海旅ライフを充実させてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です