移動もワクワク。楽しめてしまうのが旅

みなさま、いかがお過ごしですか。keruです。

リアルタイムはチェコのプラハ。素朴な街の雰囲気にとても居心地よく過ごしています。

今日は、ヴェネチアからクロアチアのザグレブまでの移動(10月27日)のお話。

ヴェネチアからザグレブ。どう行く??

この旅のバゲットリストの1つに

クロアチアのサッカーチームで活躍する甲斐さんの試合を応援すること

をあげているわれわれ夫婦。試合は29日なので2日後に迫っています。甲斐さんのいるクロアチアのネデリシュという町は、首都ザグレブからバスでさらに2時間ほどいった所にあるので、私たちはまずザグレブを目指しました。

ヴェネチアからザグレブへどう行こう??

実は去年のうちにユーレイルパス(ざっくりいうとヨーロッパの列車乗り放題チケット)をゲットしていた私たち。できることなら、列車で行きたい。けれど、ヴェネチアからザグレブで経路を検索すると、半端ない乗り換えとえげつない時間がかかり、試合の日までにネデリシュにたどり着けない…。

これはまずい。

でも、私は列車が好き!しかもせっかくのユーレイルパスなんだから使いたい。何とかならないものかと地図とにらめっこ…。

最近この路線図を見て、線路を指でたどってエア鉄道旅をするのがお気に入りです。

リアル旅中なのに!!

ということで、気づいたのはヴェネチアからの列車は”Trieste”という駅までしか行かないのでザグレブまで行こうと思うと大きく迂回する必要があるということ。つまり…

”Trieste”まで電車で行って、そこからバスに乗れば、ちょっと節約かつ電車旅も楽しめるのでは??

”Trieste”からザグレブ行きのバスもあるし、これなら行けそう!

ということで、移動スタートです。

いちにっ!

余談ですが、ヴェネチア島内の宿はどこも高かったので、鉄道で2駅ほど離れたモリアーノ・ヴェーネトという地区に泊まっていました。

閑静な住宅街で、宿の下はまさかの日本食レストラン。その名も

なんでかな??

”Trieste”到着前に

何と読むかわからない街”Trieste”へは3時間ほどで到着します。列車の速度が落ちだし、そろそろ準備をと思ってふと窓の外を見ると

なんとも美しい海!!

で、写メしたのですが、いかんせん私、iPhone5なもので、感動がなかなか伝わらない写真になってしまいました。

すごく大胆にはさまっちゃたね。

スロベニアを超えて

その後、バスに揺られること5時間。知らぬ間にスロベニアを超え、クロアチアとの国境でパスポートチェックを受けて、ザグレブへ。

毎度のことながら、国境越えがあっさりしすぎてなんだか物足りない気持ちになってしまいますが、無事にザグレブに到着。

さらにトラムに乗って、中心地に着くと

素敵な広場がお出迎え。馬に乗った偉い人と大きな建物という定番スタイルはクロアチアでも健在です。

定番ではあるけれど、ライトアップされた景色は何度見てもやっぱりきれいでした。

 

ただただ移動のなんでもない1日でしたが、読んでいただきありがとうござました。

 

この日手に入れた水のペットボトルにありがたいお言葉が載っていたので、それで締めくくりたいと思います。

”侮辱には笑顔で返しなさい。そうすれば、あなたはもっと幸せになれるし、侮辱した人はきっと自分の過ちに気づくから”

ありがたすぎる!

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です