ミュンヘンからベルリン バスでの出来事

どうもteriyakiです。現在地はベルリン。北欧に早く行きたくてひたすら北を目指しております!とりあえず、ドイツでソーセージを食べ過ぎて、ソーセージのような身体になれば今より確実に細くなって一石二鳥なので、それ頑張ります。

ミュンヘンからベルリンに移動

9月27日(水)深夜

オクトーバーフェストの為に乗り込んだミュンヘンをあとにして、ベルリンへ。前日に一緒だったなお吉くんにも手伝ってもらいなんとか乗れたバス。

 

やはりミュンヘンベルリン間は人気路線らしく、横並びの席が開いていない。夫婦二人で座ることを諦めて席を探すと、階段の手前でいくらでもリクライニングし放題な席を発見!!

ぐへへ、これで思う存分リクライニングしまくってやるぜ

と思ってよく見ると、すでに窓際に座っているおじさんが!!しかもおじさん大股広げ過ぎて隣の席まで足がはみ出している!しかも、強面。いや、しかしここで負けてはいけない。負けちゃだめだ!負けちゃだめだ!碇シンジばりに自分に言い聞かせ、着席。

 

小さな戦い

座ってみると、やはりおじさんの足は私の座席のスペースに侵入して着ているもよう。これはよくない。小学校の頃、隣に座った友達とよく言い争って学んだはずだ。

「ここは俺の机の上の領域やから、お前入ってくんな!おい、消しかす飛ばしてくんなや!!」

と。

ここから私の小さな戦いが始まる。とりあえず、まずは先制攻撃を仕掛けるしかない。私は椅子に深々と腰掛け、おじさんの左足に自分の右足をあて「ここは私の領土です」というアピール。

寝ていたおじさんの攻撃

舌打ち

teriyakiに80のダメージ。しかし、ここで負けては職業「旅人」の名がすたる。teriyakiの攻撃

咳払い

おじさんに2のダメージ。弱い!!弱すぎるぞ!!バス車内の空気が乾燥し過ぎて、みんなが席をしている中での咳払いは効果がなさすぎる。

しかし、おじさんもさすがに足を開き過ぎていたことを自覚したのだろうか。寝返りをうつふりをして足を少し引っ込めてくれた。この際、さらなる舌打ちのあとにドイツ語でなにやら言っていたがきっと

「あー俺も小学生のころそうやって隣のやつと”領域小競り合い”したよ。久しぶりに戦えて嬉しかったぜ」的に頭の中で自動翻訳されたのでよしとしましょう。

その後も、おじさんは水を飲む際に肘を私の肩に当てる。大きなため息をつくなどの攻撃を仕掛けてくるも私は自分自身に「ラリホー」をかけているので効果なし。

警察の登場

そんな訳で隣のおじさんとの戦いを終えて絆を深め、気持ちよくバスで眠っていると突然バスが止まり車内にドイツ語で放送が。するとなんとバスの座席の先頭には警察が2名。

とっさに今までの罪を振り返る。

前日、シャワルームに転がっていたコインを持ち主不明のため勝手に拾い、人にあげた

 

これは罪である。罰せられてもおかしくはない。しかし、バスを止めてまで逮捕しにくるようなことだろうか。

 

乗って来た警察はパスポートをチェックしながら回る。ドキドキしていると、先ほどのおじさんの身分証をみて、どこかに電話をかけ始めるポリス。

どうやら身元照会をしているらしい。電話が終わるとおじさんの荷物検査が始まる。先ほどまでの戦いを終え、今や同士となったと言っても過言でないおじさんだけが、なぜこのバスで荷物検査をされている。おじさんのカバンからやばいもの(薬、拳銃、エロ本、お風呂場のコインetc)が見つかった場合のことを考えると緊張感しかない。

結局手荷物検査も終わり、何事もなく警察は去っていった。

 

それにしても、このおじさん何者何だろう…

 

ベルリンに到着

バスは予定通り、8時にベルリンへ。おじさんは何事もなかったかのように荷物を抱えて颯爽と去って行きましたとさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です