フランス パリ モンサンミッシェルの悲劇!!

どうもteriyakiです。現在地は、フィレンツェでございます。街並みが綺麗でkeruが興奮しております。

 

モンサンミッシェルへ向けて

10月20日

この日は、フランスが誇る世界遺産モンサンミッシェルへ(フランス世界遺産色々誇るものあり過ぎですが)。ここは見とかなあかんだろ。気合いも入るってなもんです。

前日にモンサンミッシェルに向けての列車を予約。なんとこれ、フランスの高速列車TGVなんですが、ユーレイルパスを使うと往復で40ユーロで乗れてしまうのです。しかも、我々夫婦の所有するユーレイルパスは1等のユーレイルパス。快適な旅が待っているはず。

ということで、10:56発の列車に乗るために宿を出発。前日、ルーブルで左足を捻挫。(全くくじいた覚えなし、原因はおそらく体重)そのため、左足を引きずりながら、なんとなく身体も重い。幸先悪すぎる。

まずは、モンパルナスへ

モンサンミッシェルへは、個人で行こうと思うと列車とバスを乗り継ぐ必要があります。とりあえず、まずは地下鉄でモンパルナス駅へ。ここからTGVが数多く発車しているわけです。

 

TGVに乗車

出発の20分ほど前になると駅の電光掲示板にホームが表示されるので、ホームへ。この時悪い予感が。「なんとなく風邪気味」

でも、とりあえずホームへ。

ホームには改札がついており、予約した際に送られてきたバーコードを読み取る必要があります。バーコードを読み取らせて中へ。昨年のうちに購入しておいたユーレイルパスのおかげで一等に格安のお値段で乗車。

車内では私爆睡していたため、車窓からの景色も記憶も写真もございません。。

レンヌ駅へ到着

爆睡すること約2時間半。レンヌ駅へ到着です。ここからバスでモンサンミッシェルを目指します。駅と道路を一本挟んだ向かいがバス乗り場。地下通路を「BUS」の案内を辿って歩いて行くとバス乗り場が目の前に見えるはず!!

 

なんですが…なぜかこの時すっかりバス乗り場を見落としてしまい市バスの乗り場へ向かってしまった我々夫婦。嫌な予感。。

なぜかここでトイレに行きたくなるteriyaki氏。ますます嫌な予感。

トイレを済ませて、モンサンミッシェル行きのバス乗り場を探しようやく発見!!

時すでに遅し

乗り場に入り、中の切符売り場で切符を買おうとするとお姉さんから衝撃の事実が告げられます。

「2分前にバスがでた。今日行って日帰りできるバスはもうない。」

そうです。幾度となくこの旅を邪魔し、keruに迷惑をかけ続けて来たteriyakiのトイレ問題。これがとうとう最悪の事態をもたらしてしまいました。トイレに行っていたせいでバスを逃し、当日のバスはあとは夕方の一本のみ。しかし、それに乗ると帰りのバスに乗れない時間に現地に付くため、日帰りができない。

 

バスの時刻表を貼り付けておきます。今後モンサンミッシェル目指す人は要注意。トイレはTGVの中で済ませること。

体調も悪化

タクシーで行く方法も検討しましたが、私の体調もさらに悪化。無理してお金をかけて行ってもこのままでは思う存分楽しめないということで、モンサンミッシェル行きは断念。

keruがとても楽しみにしていたモンサンミッシェル行きをトイレと体調不良で台無しにした私。本当に申し訳ない。もはや懺悔するしかない。これは坊主にしたから許されるレベルではない。

しかし、「体調が悪いまま行ってもしょうがないし、今日はTGVに乗れたから楽しかった」と言ってくれる妻。僕が言うのも変ですが、本当に良い奥さんです。

 

引き返して来た…

結局、予約を変更して14時30分の列車でパリに舞い戻りました。。帰りの列車も爆睡。宿に辿り着き、いろんな方にも心配をかけて本当に申し訳ない。

その後、体調は寝て同じ宿に居た方から貰った薬で復活しました。今はもうすっかり元気です。

結果、次の日にパリを出発したのでモンサンミッシェルには行けず。。残念さと申し訳なさでいっぱいですが夫婦でもう一度パリに行く理由ができたと思ってリベンジを誓ってます!!

 

というわけで、モンサンミッシェルには体調を整えて、トイレを早めに済ませ、できれば泊まりで行った方が良いというなんとも説得力のないブログでございます。。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です