イカしたヘルシンキ

みなさまいかがお過ごしですか、keruです。

昨日はヘルシンキの街を堪能した夫婦。

ヨーロッパは交通費も高いですが、24時間券はバスもトラムも地下鉄もフェリーも!市内観光に必要な交通機関はすべて乗れるので、結構お得です。

ということで、この日もまずは24時間券をゲットして観光スタート。24時間で9ユーロ。他の北欧と比べると、ややお安め。はじめは驚いた北欧価格にも慣れてきました。

ミーハー夫婦なので、とりあえずヘルシンキと言えば「かもめ食堂」随分昔に観た映画なので、もはや片桐はいり女史が森の中にいる姿しか思い出せませんが、せっかくなので行ってみることに。

そんな軽い気持ちではお断りとばかりに閉まっていました。この日は土曜。土曜は夜のみ。隣のカフェだけが開いていました。ちなみに、映画製作当初とオーナーが変わっているそうです。

気持ちを取り直して、中心地にあるヒノキでできた教会へ。外観も内観もヒノキを曲げて作られています。すごい!

 

ここはミサなどは行わず、ただやってくる人が自分と向き合い祈りをささげる場所なんだとか。静寂に包まれた、それでいて木の温かみのある教会は、信じている宗教にかかわらず心を穏やかにしてくれます。地元のマダムらしき女性が買い物袋を片手に立ち寄られていていました。

静寂の時が存在する日常生活。とっても豊かな時間です。

そして、大聖堂。

天気が悪くて、なんだか妖気に包まれているみたい…。

中はこんな感じです。

と、ここでとうとう土砂降りに。

いったん宿にもどって、しばし休息。そんなとき、気づいてしまいました。

まだ北欧料理を堪能していないことを!

 

価格に恐れ、逃げていては楽しめない!と再び中心地へ。

イカしたメニューのお店でイカしたトナカイさんにはお控えいただいて、ミートボールとニジマスを堪能。

贅沢しました!おいしかったぞ~!!

今日はちゃんと自炊することを、ここに誓います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です